「お役立ち情報」の記事一覧 - 20ページ目

「国産車はナット」「輸入車はボルト」ホイールの取り付け方法が異なるワケ

走らせる速度域に合わせた取り付け剛性を確保するため  輸入車に乗っている方ならご存じだろうが、ホイールはボルトで止められている。一方、日本車はナットだ。これは昔から変わらないのだが、なぜだろうか? ホイールを交換したりす…

続きを読む...

SUVはすべて悪路に強いという勘違い! 災害などに備えた正しいSUVの選び方とは

万が一の事態を想定するなら見た目よりも機能性を重視したい  世の中SUVばかりになって来たと、思いませんか? ロールスロイスのSUV、カリナンは見ましたか? ランボルギーニ・ウルスにはチータというご先祖様がいらっしゃるし...

続きを読む...

地味で没個性……でも乗れば大満足の中身が充実したクルマ6選

クルマ本来の性能や魅力を存分に味わえる!  クルマとして強い個性がない分、万人受けするクルマがある。それも燃費や走り、荷物の積載性まで良かったら、これはもう誰にでも薦められるクルマということになる。あまりクルマに興味はな…

続きを読む...

洗車時にクルマの後部から水をかけてマフラーに水が入っても大丈夫か?

基本的には水が入っても問題なくエンジンにも影響はない  洗車をするときには、水がかからないほうがいい部分がいくつかある。水圧が高いと曲がってしまうラジエターや、水抜けが悪いパネルの合わせ目などだが、マフラーというのも気に…

続きを読む...

新車は「登場したて」と「モデル末期」でどちらが買い得か?

末期モデルより出たばかりのモデルの方が“気持ち”買い得  新車購入の世界では古くから議論となるもののひとつとして、登場したての新型車とモデルチェンジ間近の末期モデルとではどちらを買うのが得するのかというもの。  いろいろ...

続きを読む...

年末商戦で狙うならコレ! コスパに優れた「買い」のコンパクトカー用途別3選

どれも用途とコストパフォーマンスを両立!  運転がしやすく、価格の割安なクルマが欲しいなら、コンパクトカーのなかから選ぶと良い。どのクルマも全長が4m前後に収まるから取りまわし性が優れ、機能や装備の割に価格も安い。しかも...

続きを読む...

見た目の美しさや明るさだけじゃない! 新車が続々とヘッドライトをLED化する理由

エンジンの負担も減って燃費向上にも効果あり!  最近は純正装着だけでなく、ネット通販などでも激安LEDバルブが売られていて、実際に付けてみても問題なく使えたりする。LED化するメリットはというと、クリアな明るさやシャープ...

続きを読む...

モデル末期でも狙い目! 超熟成のいまが買いなクルマ5選

大幅値引きはもちろん走りも色褪せていない  どんなクルマにもいずれ訪れるモデルチェンジ。新型車がものすごく楽しみなクルマもあれば、現行車に愛着があって、生産中止になるのが寂しいクルマもある。いずれにせよ、モデルチェンジ直…

続きを読む...

家族のためにガマンして運転はもう古い! 長距離移動のストレスから解放される走り系ミニバン5選

空力性能にこだわった本格的モデルも!  ファミリーでお出かけするなら、やっぱり何かと便利で頼りになるのはミニバン! ですよね。広い室内は赤ちゃんのオムツ替えや授乳スペースにもなるし、小さな子どもの着替えもラクラク。荷物も…

続きを読む...

ヒストリックカーって何? クラシックカーとの違いはどこにあるのか

その個体の歩んできた履歴に価値があるものがヒストリックカー  最近の価格高騰が話題になったり、製造中止になっていた部品の再販が行われるなど、日本でも古いクルマに脚光が当たりつつある。日本の場合は、趣味性のある古いクルマの…

続きを読む...

日本人なら人生一度は乗っておくべき誇り高き国産車 後編

自動車メーカーが心血を注いで開発したクルマ  日本製の自動車が誕生しておよそ100年。現在も16のメーカー(乗用車メーカーは9社)がしのぎを削っている自動車大国である。今回そうした日本の自動車メーカーが心血を注いで開発し...

続きを読む...

日本のクルマの売り方は古い! 新車販売の苦戦を打破できる可能性を秘めたアメリカの販売方法とは

チャット販売などの普及しはじめている  日本では新車販売の苦戦傾向が、景気動向に関係なく常態化している。少子高齢化により自動車の保有台数自体が減少傾向に入っており、これに歯止めが効かないだけでなく、都市部を中心に若年層が…

続きを読む...

想像と違う? 自動運転がもたらす現実的なクルマと交通の将来像とは

運転者を運転から開放するだけの自動車  自動運転が注目を集めていますね。テレビで流れる自動車の話題といえば、交通事故か自動運転、といった印象になっています。確かに自動車に大きな変革をもたらす大きな革新技術が、自動運転であ…

続きを読む...

日本人なら人生一度は乗っておくべき誇り高き国産車 前編

自動車メーカーが心血を注いで開発したクルマをまずは5台紹介  日本製の自動車が誕生しておよそ100年。現在も16のメーカー(乗用車メーカーは9社)がしのぎを削っている自動車大国。そうした日本の自動車メーカーが心血を注いで...

続きを読む...

ウィークリーランキング