国沢光宏が2016年の自動車業界を天気予報形式で解説![北米編]

国沢光宏が2016年の自動車業界を天気予報形式で解説![北米編]

2016年の北米地方は全体的に曇り気味でしょう!?

 リーマンショック後、厳しい状況が続いている北米各車。少しずつ少しずつ少しずつ好転してはいるが、各社とも天候不順が続いている。では、北米編を予報しよう。

〈GM〉

【関連記事】[ムービー]2015CARトップ筑波オブ・ザ・イヤー(シビック・タイプR/スマート/インプレッサHV)

GM

 2015年「大雨」 → 2016年「曇り時々晴れ」

「アメリカと中国以外の政策が重要」
災害には備えが必要ながら、GM地方は長い間、なんの準備もしてきませんでした。そこに超ド級台風リーマンショックがやってきました。もはやボロボロだった堤防は決壊し、SOSを出すハメになっています。その後、気もちを入れ変えて順調な復興を見せています。とくにアメリカ地方と中国地方は好天続きで収穫も順調です。このまま台風に見舞われなければ、気もちのよい日々が続くでしょう。ヨーロッパ地域はずっと曇り空の予報です。

  

〈クライスラー/ジープ〉logo_chrylser_low

 2015年「雨」 → 2016年「曇り」

「意外といい状況になり始めている」
クライスラー地方はリーマン台風で壊滅的な被害を出してしまい、イタリアの援助を得ることになりました。ちなみにその前の洪水ではドイツの援助を受けたものの、上手くいかず撤退していきました。今度のイタリア救助隊は相性がよいのか長続きしております。そればかりかカップルになるケースまで出てきました。かつてないほどよい天気が続いています。このまま推移すれば、クライスラー地方も肥沃な土地になることでしょう。

  

〈フォード〉564165_353087414779057_1849743012_n

 2015年「雨」 → 2016年「曇り」

 「アメリカは完全に回復したが……」 
リーマン台風と、それ以前から続いていた長引きく雨で堤防は決壊寸前になりました。それでもなんとか持ちこたえ、その後天気傾向も晴れ間が出るなどよい方向に向かっています。ただ順調な天候はアメリカ地方だけで、ヨーロッパ地方を見ると長雨。日本地方やアジア地方でもシトシトと長引く雨になっています。アメリカの晴れ間が続く間に、なんとか他の地方の天気も回復するといいのですが、長期予報では雨の傾向です。

〈テスラ〉テスラ

 2015年「雨」 → 2016年「晴れ時々雷雨」

「今後も安定しない天気が続くでしょう」
一滴も雨が降らず大干ばつに見舞われていたテスラですが、この土地でできる電気自動車に魅力を感じたトヨタが大きな運河を作り水の供給をしてくれることになりました。これで息を吹き返し、さらに必要なだけの雨も降るようになった結果、世界中が驚くほどよい天候に恵まれています。すると突如トヨタに反旗を翻す。実際は「イーロン・マスク氏の燃料電池なんかクソ食らえ発言」なんですが、これで一気に天候不順に対する抵抗力を失いました。いまのところ台風も地震も竜巻も発生していないものの、大きな気象変動を受ければ再度の大干ばつも大いにあり得るでしょう。国沢気象台としては、次の台風シーズンで大雨洪水強風波浪警報を出す予定です。

画像ギャラリー