11年ぶりにVWトゥーランが広さとスポーティを押し出し全面改良

11年ぶりにVWトゥーランが広さとスポーティを押し出し全面改良

18.5km/Lの燃費性能とMQBで広くなった室内

VWトゥーランが11年ぶりにフルモデルチェンジした。現行ゴルフから採用するMQBによって、スポーティなデザインと広い室内空間を実現。トゥーラン初のエントリーグレード「トレンドライン」も設定し、284万7000円から購入可能だ。

発表会でプレゼンしたスヴェン・シュタイン代表取締役と、正本嘉宏マーケティング本部長
発表会でプレゼンしたスヴェン・シュタイン代表取締役と、正本嘉宏マーケティング本部長

 ボディサイズは先代よりも大型化。全長130mm、全幅35mm拡大し、ホイールベースは110mm伸びている。ワイド化しつつも車重は20kgの軽量化を実現した。エンジンは新開発の1.4LTSIエンジン。最高出力は150psと先代より10ps高まり、最大トルクは30Nm増えて250Nmに。クラストップの性能を誇るエンジンには、7速DSGを組み合わせることで、燃費も23%向上。18.5km/Lでエコカー減税適用モデルとなり、取得税は80%、重量税は75%となる。

 9つのエアバックやプリクラッシュブレーキシステム、衝突後にクルマが動かないように自動でブレーキをかけるポストコリジョンブレーキシステムなど安全装備も充実。ラゲッジスペースは最大1857Lを誇り、ユーティリティもぬかりはない。2列目シートは3列目への乗り降りがしやすいように前方へ倒れるイージーエントリー機能をもち、トゥーランとしては初めてシートヒーターを設定した(ハイラインに標準装備)。

 今年中頃には、よりスポーティなルックスを与えたRラインも登場予定。グレードはエントリーモデルのトレンドラインが284万7000円。コンフォートラインが317万円、装備も充実した上級モデル・ハイラインが376万9000円となっている。満を持して生まれ変わったトゥーランは、ファミリーにとって大注目の1台だろう。(文:CARトップ編集部)

〈カラーバリエーション〉

〈スペック表〉

モデルGolf Touran
グレードTSI TrendlineTSI ComfortlineTSI Highline
全長×全幅×全高(mm)4535×1830×16404535×1830×1660(1670※1)
ホイールベース(mm)2785
車両重量(kg)15601560(1590※2)
燃料消費率(JC08モード)18.5km/L
エンジン直4DOHCターボ
総排気量(cc)1394
最高出力(kW[ps]/ rpm)110[150]/ 5000~6000
最大トルク(N・m[kg-m]/ rpm)250[25.5]/ 1500~3500
トランスミッション7速DSG
駆動方式FF
サスペンション(前/後)マクファーソンストラット/4リンク
タイヤサイズ205/60R16215/55R17
価格(税込み) \3,170,000 \3,769,000284.7317376.9

※1:Discover Pro 装着車 ※2:電動パノラマスライディングルーフ装着車

フォルクスワーゲン公式ホームページ

 [関連記事]

フォルクスワーゲンが東京オートサロンに初出展

フォルクスワーゲンブースの見所を吉田由美が現場からお届け[動画]

WEB CARTOP 東京モーターショー動画!土屋圭市 フォルクスワーゲン編

画像ギャラリー