トヨタ・オーリスに待望のハイブリッド登場!

トヨタ・オーリスに待望のハイブリッド登場!

プリウスと同じシステムで燃費は30.4km/Lを達成

 トヨタの世界戦略車として登場したCセグメントハッチバックのオーリス。4月18日にハイブリッドグレードが追加され、発売された。同時に1.2リッターターボエンジン搭載車にもスポーティ仕様パッケージが追加されている。
ハイブリッド車のグレードは「HYBRID」「HYBRID”G Package”」の2種。プリウスと同じ、1.8リッターエンジン+THS?(ハイブリッドシステム)という組み合わせで、JC08モード燃費は30.4km/Lを達成した。メーターもハイブリッド専用の立体2眼となるなど、ガソリンエンジンモデルとは差別化される。
グレード差は、16インチタイヤを装着する「HYBRID」に対し、「HYBRID”G Package”」は17インチを履き、本革×ウルトラスエードのシート表皮を採用するなど、いわゆる豪華仕様。さらにクルーズコントロール、前席のシートヒーター、自動ブレーキを含む安全装備の「Toyota Safety Sence C」などを標準装備する。

【関連記事】[動画]トヨタ新運転支援システム「Toyota Safety Sense C」体験!

webcartop
1.2Lターボエンジンのスポーティ仕様パッケージは「120T”RS Package”」というグレード名。これまでもラインアップされていた1.8Lエンジン+6速マニュアルトランスミッションという組み合わせの「RS」と同じ専用意匠に、17インチアルミホイールを標準採用する。

 <ハイブリッド”G Package”>

 <120T”RS Package”>

webcartop画像はこちら価格表 Sheet1画像はこちら

  

画像ギャラリー