【試乗記】最高速270km/hを超えた! パワフルすぎるメルセデスAMG C63クーペ

【試乗記】最高速270km/hを超えた! パワフルすぎるメルセデスAMG C63クーペ

単にセダンを2ドア化したわけじゃない本気のクーペ

 比較的コンパクトなボディに強靱なV8ターボユニットを搭載し、最強のスポーツセダンとの呼び声も高い「AMG C63&C63 S」。よりスポーティなルックスの2ドアボディ、クーペモデルがデビューした。
エンジンスペック476ps/650N・m(C63)、510ps/700N・m(C63S)はセダンと同じ。トルクコンバーターの代わりにクラッチを用いた7速オートマティックトランスミッションもセダンと同じ。しかしドア、ルーフ、トランクを除いたほとんどすべてのパーツが「クーペ専用」に開発されたというから、このクルマに対するAMGの本気度が伝わってくる。

【関連記事】【検証】大人気のシビックタイプRは本当に買って正解か?

webcartop_C63
メルセデス AMG GTにも採用されているダイナミックエンジンマウントも当然のように装備している。これは状況に応じて、エンジンマウントの「硬さ」を調整するもの。つまりエンジン振動がボディに伝わってもエンジンをガッチリ固定し、走りを追求したい様なシーンでは自動で硬くなり、街乗りなどでは柔らかくなり乗り心地を重視する、というものだ。

webcartop_C63
ブレーキも強烈。C63は前後に360mmのドリルドベンチレーテッドディスクを装着。C63 Sはフロントを、さらに大径の390mmとしている。
また、「メルセデス AMG C63 SクーペEdition 1(エディション1)」という期間限定販売の特別仕様車も同時にリリースされた。ハイグロスブラック仕上げの専用パーツを外装に使用したり、インテリアには専用バケットシート、専用加飾が随所に施されて特別感を演出する。注目はリヤに20インチのタイヤを装着する点だ。標準のC63、C63 Sは前後19インチなので走りが変わってくる。

T7GI7999

 今回試乗はモータージャーナリストの山田弘樹氏に依頼した。現地から生のコメントをもらったのでお伝えしよう。
「試乗したのは510psのC63 Sクーペ。富士スピードウェイでの最高速は270km/h+αだった。その速さに驚いたのはもちろん、過給圧の制御が素晴らしい。パワーがあり過ぎるのがAMGのよさのひとつであり、それを安全に走らせるといういとつの最適解がC63 Sクーペなんだと思う。もしかしたら4MATICでもよかったのかもしれない。
7月31日までの期間限定車「エディション1」にも乗った。こちらはフロント19インチに対してリヤ20インチ(タイヤはミシュラン・パイロットスーパースポーツ)で、C63 Sクーペよりリヤのグリップが高く、リヤが滑った際に動き出す制御の効き具合も緻密だった。87万円プラスでこの性能と専用エアロパーツが装着される、と考えれば、これはかなりお買い得だと思う」

I7GM3230
山田氏がオススメするC63 SクーペEdition1は7月31日までの注文受付となる。検討している人はお早めに!

 MERCEDES-AMG C63 S

 MERCEDES-AMG C63 S Edition1

  

画像ギャラリー