【意外と知らない】フロントガラスの曇りを取り除く方法とは?

【意外と知らない】フロントガラスの曇りを取り除く方法とは?

まずはエアコンの使い方をマスターすべし

 フロントガラスがなぜ曇るかというと、空気中の水分がガラスに付着するから。ではどういうときに、空気中の水分がガラスにくっついてしまうのか。大きな理由は、次の2つ。

 1、車内の湿度が高い

 2、外気と車内の気温差が大きい

 梅雨時に車内が曇りやすいのは、濡れた傘や荷物を車内に入れることで、車内の湿度が高くなるから(乗車人数が多いときも、人の呼気で湿度が上がる)。

WEB CARTOP_48

 湿度を下げるには、エアコンをONにするのが一番有効。通常、エアコンのスイッチを入れれば、曇りはすぐに取れていくが、より素早く曇りを解消したいときは、エアコンの吹き出し口を「デフロスタ」(窓のマーク)にセット。オートエアコンのクルマなら、はじめから、「デフロスタ」のスイッチを押せば、自動的にエアコンもON。

WEB CARTOP_73-

 通常は「外気導入」が基本だが、夏場で、外気があまりにも湿度が高いときは、「内気循環」の方がベターというケースも考えられる。

WEB CARTOP_34-

 また、設定温度があまりに低いと、ガラスの外側で結露して曇り出すこともあるので、自分自身が快適な温度に設定すればOK。傘に荷物、服などについた水滴を少し払ってからクルマに乗り込むようにすることも、車内の湿度を下げるのには有効だ。

webcartop_くもり01

 2番目の「外気と車内の気温差が大きい」というのは、どちらかというと冬場の問題。外気の影響で、ガラスが冷たく冷えることで、車内の空気が結露して曇る。対策は、エアコン+デフロスタ+外気循環をワンセットに。

webcartop_くもり03

 ただし、ラジエターの水温が上がって、温風が出るまでは、ガラスが温められないので、お急ぎの場合は、市販の曇り止めスプレーを使って布で拭くとか、窓を開けて、外気と内気の温度差をなくすといい。

webcartop02

 ちなみに、家庭用のガラスクリーナーにはシリコン入りのものがあり(例:グラスターゾルなど)、クルマの窓に使うとギラギラして、油膜地獄になるので要注意。成分にシリコンが入っていないものか、自動車用の曇り止めスプレーを使うのが無難。もうひとつ、ガラスの曇りを防ぐのに重要なのは、「ガラスの表面をきれいにしておくこと」。

webcartop03

 ガラスがタバコのヤニやホコリで汚れていると、それを手掛かりに水分がガラスにつきやすくなるので、普段からガラスをよく磨いておくのがベスト! 界面活性剤やアルコールなどの親水作用のある成分が入ったクリーナーで磨けば、水分とガラス表面が馴染み、汚れ落としと同時に、曇り止め効果も期待できる。

webcartop04

 しかし、クルマの内窓磨きに関しては、「よく絞ったタオルで水拭きし、すぐに乾拭きする」のに勝るものはないというのは、多くの識者の共通の意見だ。

画像ギャラリー