【クルマの疑問】「ワックスvsコーティング」いいのはどっち?

一長一短あるが何も使わないのはNG

 ワックスとコーティング。大切な愛車の塗装を保護するのに、昔から塗られているのがワックスだ。それに対して、比較的新しいのがコーティング。ただ、ボディに塗るのはすべてワックスと思っていて、そもそも区別できていない人も多い。

webcartop_ワックス&コーティング05

 どっちがいいのかにも関係するのだが、まずは成分的な違いを説明しておこう。ワックスというときに指すのは「固形ワックス」のことが多い。固形ワックスはパラフィンなどの油分を主成分としているのが特徴。高級ワックスになると、よく聞く「カルナバロウ」というのが配合されているのを目にするが、これはブラジル原産のロウの一種で、ワックスに配合すると濡れたようなツヤを出すことができる。

webcartop_ワックス&コーティング13

 ちなみにカルナバ100パーセントという表示をたまに見かけるが、カルナバだけではワックスはできない(硬すぎて塗れない)ので、この表記の意味は、「ロウはカルナバだけを使用しています」というのが正解になる。

 そしてワックスにはもうひとつあって、それが半ネリだ。最近はあまり見かけなくなってきたが、ソフト99が初めて作り出した日本オリジナルのワックスで水性なのが特徴。実物を見てもかなり柔らかくマーガリンのようで、塗りやすくて拭き取りやすい。作業性がとてもいいので、その昔は汚れ落とし(クリーナー成分が強いものも多い)として固形ワックスの前処理に使われていた。

webcartop_ワックス&コーティング02

 一方、コーティングは化学的に効果を発揮するのが特徴。つまり化学薬品なのだ。ワックスは塗装の上に乗っているだけなのに対して、分子として吸着するので効果は長く続く。さらに強力水弾きをウリにしていたりもする。

webcartop_ワックス&コーティング10

 先駆けだったタイホー工業のイオンコートは、6カ月持続や撥水で大ヒットをしたのを覚えている人も多いのではないだろうか。そもそもイオンコートというネーミング自体が、コーティングの特徴をよく表わしている。

 今一度、特徴を整理しておくと、ワックスは光沢に優れるのは大きなメリット。ただし、耐久性には欠けるので、マメな施工(1カ月に1回ぐらい)が必要だし、油分ということでボディから流れ落ちたものがガラスに付いて、油膜の原因にもなる。

webcartop_ワックス&コーティング12

 コーティングは化学的に塗装面に吸着するので耐久性に優れるし、さまざまな薬品が配合できるので撥水を高めることもたやすい。最近ではガラス系が主流になりつつあるが、主成分の珪素を配合して威力を発揮させられるのもコーティングならでは。ただし、ガラス系のツヤは深みに欠けることもあるだけに、ツヤに関しては固形には負けるというのがデメリットだろうか(最近は改善されつつあるが)。

webcartop_ワックス&コーティング09

 肝心の作業性については、固形がパネル1枚ずつ、塗っては拭き取りを繰り返すのに対して、コーティングはしっかり乾燥させるのが基本。そのため、拭き取りもしにくいので、けっこう力が必要だったりするため、どっちもどっちか。ただし、最近では、洗車後の濡れたボディにスプレーして拭き上げれば完了するコーティングも増えつつある。このタイプなら、作業性はコーティングに軍配が上がるだろう。

webcartop_ワックス&コーティング11

 結局、どっちがいいかは、ツヤも含めて好みということになるが、作業時間の有無などライフスタイルにも関係してくるだけに、意外に複雑。個人的には、濡れたボディにスプレーするだけのコーティングが最近はお気に入り。手軽だから効果はそこそこではと侮っていたら、光沢もかなり出るし、油膜も抑えられるなど驚くばかり。ツヤも満足レベルだ。いずれにしても、ボディに何も掛けないのは「なし」ということで、ボディはしっかりと保護してやるのが何よりも大切だ。

<メリット>

・固形ワックス
濡れたような深みのあるツヤ
価格が安め
・コーティング
持続力が高い
撥水などで高い効果を発揮できる
濡れたボディにスプレーするなどのお手軽タイプもあり

<デメリット>

・固形ワックス
流れ落ちて、油膜の原因になることもある
マメな施工が必要
撥水力に欠ける
・コーティング
ツヤが人工的
価格が高め
乾燥させるタイプは拭き上げに力が必要でムラになりやすい

画像ギャラリー