ホンダCR-Z生産終了! 最後の特別仕様車が登場

ホンダCR-Z生産終了! 最後の特別仕様車が登場

感謝の気持ちを込めた特別装備をプラス

 ホンダが誇るハイブリッドスポーツクーペのCR-Z。2010年2月に販売をスタートし、これまで累計約4万台を販売してきた同車だが、2016年をもって生産を終了することになった。それに伴い、恐らく最後となる特別仕様車「α・Final label」が登場する。

【関連記事】【今さら聞けない】座れないほど狭いスポーツカーのリヤシートって何?

webcartop_CR-Z01
この特別仕様車は「感謝の気持ちを込めた特別なモデル」とホンダが位置づける1台。ベースとなるグレードはαで、MTとCVT、どちらも選ぶことができる。

webcartop_CR-Z06画像はこちら

webcartop_CR-Z05画像はこちら

特別装備
・「CR-Z Final label」ロゴ刺しゅう入り・専用ブラックコンビシート(前席)
・プライムスムース・ドアアームレスト(ブラック)
・専用マット塗装17インチ軽量アルミホイール
・「CR-Z Final label」ロゴ入りアルミ製コンソールプレート
・ピアノブラック調ステアリングガーニッシュ
・ナビ装着用スペシャルパッケージ
・プレミアムペダル
・トノカバー

webcartop_CR-Z03画像はこちらwebcartop_CR-Z04画像はこちら

ボディカラー
【モノトーン】
・プレミアムホワイト・パールⅡ
・スマートブラック
・ブリリアントスポーティブルー・メタリック
【2トーン】
・プレミアムイエロー・パールII×ブラック
・ブリリアントスポーティブルー・メタリック×ブラック

 の全5色。モノトーンのブリリアントスポーティブルー・メタリックは特別色となる。

webcartop_CR-Z02画像はこちら

webcartop_CR-Z07画像はこちら

画像ギャラリー