ダイハツ キャストが一部改良&特別仕様車を発売! (1/2ページ)

カラーバリエーションが増えてもっと個性的に!

「アクティバ」「スタイル」「スポーツ」と3つのスタイリングコンセプトで人気の個性派軽自動車、ダイハツ・キャストが、内外装のカラーバリエーションを拡充するなど一部改良を行った。

【関連記事】【試乗】やっぱり軽自動車とは走りも質感も違う! ダイハツ・ブーン&トヨタ・パッソ

webcartop_キャスト25
まず、デザインフィルムトップと呼ばれるルーフ、ルーフサイド、リヤスポイラーにダイハツ独自のラッピングを施す「Dラッピング」。このデザインフィルムトップのカラーが「スタイル」と「アクティバ」に追加された。
「スタイル」はヘアライン調/シルバー、カーボン調/ワインレッドの2色で、2トーンカラーの選択肢が従来の2色から3色へ。

webcartop_キャスト21
「アクティバ」は、カーボン調/ブラックが追加となり、2トーンカラーの選択肢が2色に。

webcartop_キャスト11
また、「スポーツ」は、デザインフィルムトップを選ぶと、ドアミラーとリヤクォーターピラーパネルがレッドになるが、これをブラックに変更できるメーカーオプションが設定された。

webcartop_キャスト23
インテリアのアクセントカラーも追加されている。
「スタイル」はピンク、ネイビー、ブラック、ホワイトの4色。

webcartop_キャスト18
「アクティバ」はレッド、ネイビー、ブラック、ホワイトがそれぞれ加わっている。

webcartop_キャスト03
また、「アクティバ」はボディカラーにブライトシルバーメタリックが追加となった。

webcartop_キャスト22
さらにこの一部改良では4WDモデルの最低地上高が、「アクティバ」180mm、「スタイル」「スポーツ」150mmへと引き上げられ、走破性を向上。助手席のシートヒーターがメーカーオプションの「ウォームパック」に設定されるといった装備の充実も行われた(一部グレードは標準装備)。

同時に発売された特別仕様車は次ページ!

画像ギャラリー


新着情報