ロールス・ロイス初のコンセプトカーはまるで執事付きの全自動運転車!

ロールス・ロイス初のコンセプトカーはまるで執事付きの全自動運転車!

ロールス・ロイス史上最高の超快適移動空間

 世界一の高級車ブランド、ロールス・ロイスは、全自動運転車の「ロールス・ロイス ビジョン・ネクスト 100」を発表した。これはロールス・ロイス初となる完全なコンセプトカーだという。

webcartop_ロールス・ロイス04
ロールス・ロイスも属するBMWグループが100周年を迎えた2016年に合わせて発表されたこのコンセプトカーは、次の4つの基本原則に基づいてデザインされた。

・パーソナル・ビジョン(個人の好みを反映)
・エフォートレス・ジャーニー(平易な旅程)
・グランド・サンクチュアリ(豪奢なる聖域)
・グランド・アライバル(威厳のある到着)

パーソナルビジョンは、ロールス・ロイスの顧客の望みが、よりクルマに反映されることを示す。将来的には、自身のコンセプトを発注し、オーダーメイドの1台が完成するのだという。「ビジョン・ネクスト 100」はその1例とのことだ。

Rolls-Royce Vision concept, Goodwood Photo: James Lipman / jameslipman.com

エフォートレス・ジャーニーは、クルマによるオーナーへのサポートのことだ。「ビジョン・ネクスト 100」には「ボイス・オブ・エレノア」が組み込まれ、バーチャルなアシスタント兼ドライバーを務めるという。出発準備の整ったオーナーの位置までクルマを移動さ、乗車後は自動運転を行い、さらに目的地の状況を説明するなど、いわば秘書のような役割と考えればいいだろう。

webcartop_ロールス・ロイス14

グランド・サンクチュアリは、ロールス・ロイスの真骨頂、豪華な移動空間だ。「ビジョン・ネクスト 100」のシートは、ロールス・ロイス史上もっとも快適だとされている。自動運転ゆえにハンドルやコクピットのない空間はシートからの眺めがよく、また、キャビンのフロントウォールはスクリーンになっていて、さまざまな情報を見ることができるという。

webcartop_ロールス・ロイス15

グランド・アライバルは、ロールス・ロイスのもつ「格」と考えればいいだろう。スピリット・オブ・エクスタシー、パンテオングリル、ロングボンネットといったロールス・ロイスの象徴は、自動運転のコンセプトカーであってもそのまま。乗る人々が威厳のある到着をできるようにデザインされている。

webcartop_ロールス・ロイス16

 未来のラグジュアリーカーの姿を表現したコンセプトモデル。当然そのまま実現するわけではないが、ある意味金額を気にしない顧客ばかりであろうロールス・ロイスだけに、超最先端技術をつぎ込んだクルマの販売も可能だろう。この先のロールス・ロイスから目が離せない。

webcartop_ロールス・ロイス03webcartop_ロールス・ロイス02 webcartop_ロールス・ロイス06 webcartop_ロールス・ロイス13 webcartop_ロールス・ロイス17 webcartop_ロールス・ロイス12 webcartop_ロールス・ロイス05

Rolls-Royce Vision concept, Goodwood Photo: James Lipman / jameslipman.com

画像ギャラリー