【意外と知らない】事故で壊すと大変なアレの値段 (1/2ページ)

【意外と知らない】事故で壊すと大変なアレの値段

200万円以上する場合もある!

 ちょっとした不注意で、道路設備を壊してしまった場合、いくらぐらい請求が来るのか? 主だったものを調べてみました。

①ETCのゲートのバー

 ETCで止まりきれなかったり、カードを挿入し忘れたり、カードの有効期限が切れていたりして、ゲートのバーを折ってしまった場合、いくらになるか。左右一対になっているのが一般的で、お値段は1本6万5000円、2本で13万円なり。

【関連記事】晴天時のバックフォグ点灯は後続車への目つぶし攻撃

WEB CARTOP

②ガードレール

 ガードレール本体価格は1メートルあたり5000円~1万円。しかし、工賃や誘導係の人件費などを入れると、30万円コースになることも!WEB CARTOP

③信号機

 信号機本体は、LEDタイプで14万円前後とされるが、信号機をコントロールしている制御装置を壊してしまうと、200万円クラスに……。WEB CARTOP

④道路標識

 40万~50万円。ちょっと信じられないが、道路標識の製造・設置・工事業者は、警察の幹部が天下りを繰り返していることでも有名……。公取委が独占禁止法の排除勧告を行ったこともある。WEB CARTOP

画像ギャラリー


新着情報