【今さら聞けない】タコメーターのレッドゾーンって何?

【今さら聞けない】タコメーターのレッドゾーンって何?

エンジンの許容回転数を示す境界エリア

 エンジンの回転数を表示するのがタコメーター。目盛りが付いていて、針の動きで今のエンジン回転がわかるものなのだが、高回転部分の文字や目盛りが赤くなっている。これがレッドゾーン。

webcartop06

 タコメーターそのものが、実用車や低級グレードには付いていないこともあるけど、最近はATが主流で、それほど回さないからというのもあるのだろう。クルマ好きとしては、回転数を意識しながら走りたいし、アクセルの踏み加減を知ることもできるので、うまくスイートスポットを維持できれば、燃費にも好影響だったりする。

 確かに目一杯アクセルを踏んで、レッドゾーンまで回すことはなくないかもしれないけど、レッドゾーンというのはそもそもなんだろうか。意味としては、エンジンを回しても問題ないですよ、という許容回転数のこと。

 車種やエンジンの種類、味付けにもよるけど、6500回転から8000回転(単位はrpm)とかだろうか。バイクであれば1万回転超えは当たり前。F1では一時は2万回転弱だったりした。

Formel 1 - MERCEDES AMG PETRONAS, Großer Preis von Deutschland 2016. Lewis Hamilton ; Formula One - MERCEDES AMG PETRONAS, German GP 2016. Lewis Hamilton ;

 ちなみにレッドゾーンの始まりの回転数はレブリミットといい、これを超えることはオーバーレブという。もちろん余裕は見ているので、超えたらすぐにエンジンが破損することはないけど、超えないに越したことはないし、リミッターが付いているので超えることはない。

 ただし、MT車でのシフトダウンにおいてはオーバーレブを防ぎようがないので、悪しからずだ。

webcartop13

 また性能的にも、エンジンの最高出力は基本的にレッドゾーン手前で発生するので、無理して回してもパワーは先細るだけで、意味はない。

webcartop11

 では、レッドゾーンで回し続けると、破損するのはわかるのだが、具体的にエンジン内部はどうなるのだろうか。まず一番の問題がバルブ。吸気と排気のバルブが常に開閉しているのはご存じだろうけど、ここはスプリングで押さえつけていて、カムが押したときだけ開くという仕組み。まさにポコポコ閉じたり開いたりしている。

 リズミカルに動いているのが、高回転だと閉じるのが間に合わなくなるなどしてしまい、ピストンとクラッシュ。バルブサージングという現象で、こうなると当然エンジンはオシャカだ。

 またオイルの潤滑が間に合わず、油膜切れで焼き付きなども起る可能性も高まる。バルブのないロータリーエンジンのレッドゾーンはこちらの対策として決められている。

webcartop_c

画像ギャラリー