【疑問】ガソリン添加剤は入れる意味があるのか? (1/2ページ)

【疑問】ガソリン添加剤は入れる意味があるのか?

効果はあるだろうが費用対効果は疑問

 ガソリン添加剤。いわゆる、燃焼室や吸排気バルブ、インジェクターなどに堆積したカーボンなどの汚れを除去して、エンジンをリフレッシュするというもの。効果がないとは言わないが、費用対効果にかなり疑問が残る。

 まず、ガソリンスタンドなどで売っている、一本数百円のものは、水抜き剤に毛が生えたようなもの。その水抜き剤すら不要なのだから(ガソリンスタンドで聞かれる「水抜き剤入れますか」って本当に必要? 参照)、安価なガソリン添加剤など不必要。

webcartop16

 日産純正の「ピットワークF1」やワコーズの「フューエルワン」(中身はどちらも変わらない)などは、300mℓで1700円ぐらい。これは効果があったという評判もチラホラ聞くし、使用後、燃費が2km/ℓぐらい向上したというユーザーもいるらしい。

webcartop17

 しかし、仮に10km/ℓのクルマが、12km/ℓになったとしよう。ガソリンが1ℓ=110円だとすると、1700円で15ℓ購入できる。満タンで50ℓのクルマなら、10km/ℓ=で500km走行できて、それが12km/hになると600km走れる。でも、1700円で15ℓガソリンを追加できれば、10km/ℓでも、650km走れるわけで……。

webcartop15

 もちろん、2回目以降の給油でも同じように、低燃費が続くなら、やがて元はとれるだろうが、そもそも燃費向上がガソリン添加剤の主目的ではない。

画像ギャラリー