トミカリミテッドヴィンテージNEOからCR-X・フィアットパンダ・初代レガシィが登場

懐かしの名車3台が10月にミニカーで登場

 ジオラマから天体望遠鏡の販売まで手がけるトミーテックから新商品の情報が公開された。トミカで商品化されていない1970年以降のクルマをミニカーとしてリリースするトミカリミテッドヴィンテージNEOから、10月はホンダ・バラードスポーツCR-X、フィアットパンダCLX、スバルレガシィGTが発売される。

 実車の発売当初は、赤/銀が定番だったホンダ・バラードCRXは、青/銀と白/銀のカラーバリエーションで販売される。価格は2484円(税込)。WEB CARTOP

 1980年に発売されたシンプルなデザインとカワイイ名前から人気を得たフィアットパンダ。当時も人気のあった青と赤のキャンバストップをラインアップし2592円(税込)で販売される。

WEB CARTOP

 スバルと言えばレガシィという方も多いはずだ。ラリーに参戦したり4WDのイメージを一新させたモデル。白と銀のボディカラーをラインアップし、2376円(税込)で購入することができる。

WEB CARTOP

「昔乗っていた」「当時は憧れていたけれど手がでなかった」という人は、このミニカーをコレクションしてみてはいかがだろうか?

画像ギャラリー