火の玉ボーイ復活!? スバル・ジャスティを22年振りに日本で発売 (1/2ページ)

火の玉ボーイ復活!? スバル・ジャスティを22年振りに日本で発売

新型ジャスティは両側スライドドアの5人乗りプチバン

 スバルが新型コンパクトワゴン「ジャスティ」を11月21日から発売する。ジャスティはスバルファンにはお馴染みの名前で、日本国内では約22年振りの復活となる。

【関連記事】【これぞ名機】歴史に残る国産エンジン5選!

WEB CARTOP

 復活のジャスティは、ダイハツ トールのOEM供給で製作され、幅広いニーズを満たすために開発されたコンパクトカー。5ナンバーサイズのトールボディで、リヤに両側スライドドアを採用する5人乗りプチバンだ。

 ちなみにかつてのジャスティは1984年から1994年まで販売されていた。WEB CARTOP WEB CARTOP WEB CARTOP

 エンジンは1リッターNAエンジンと新開発の1リッターターボエンジンを搭載。1リッターターボは1.5リッター相当のパワーを発揮する。WEB CARTOP

 安全面では、衝突軽減・回避ブレーキなどを含めたスマートアシストⅡを全車に標準装備し、さまざまなシーンで運転を支援してくれる。また、世界最高水準の衝突安全ボディを新開発し、全面フルラップ55km/h、前面オフセット64km/h、側面・後面55km/hの衝突でも、衝撃を効率よく吸収・分散するボディとなった。

  

webcartop_%e3%82%b7%e3%82%99%e3%83%a3%e3%82%b9%e3%83%86%e3%82%a3%e4%be%a1%e6%a0%bc%e8%a1%a8

画像ギャラリー