【噂の真相】冷却水が減っていたら「水道水」を補充してもいい?


短期間の使用であれば水道水の補充で問題なし

今や空冷のクルマは絶滅したといってよく、一般的な乗り物でもバイクのごく一部に残っているぐらい。そうなると、エンジンは水で冷やしているわけで、これの管理は重要なポイント。ただ、最近はスーパーロングライフ化していて、新車から16万km無交換だったりするので、メンテナンスフリー化が進んではいるが。

webcartop_04

問題はスーパーロングライフ化される前のクルマ。もちろん旧車といった古いクルマも含めて、冷却水管理は重要。頻度だけでなく、ラジエータホースが破れたり、継ぎ目からの漏れ。またタンクの作りの問題か、自然に蒸発して減ったりもしたので、量のチェックも欠かせなかった。

もし、減っていたらどうするか? ひどい状態で放置すれば当然オーバーヒートだ。専用のロングライフクーラント(LLC)が手に入ればいいだろうが、必ずしも近所で売っているとは限らない。そのときは水道水でもまったく問題なし。

というか、冷却性能だけでいうと、ただの水に勝るものはない。少々難しい言葉でいうと、比熱が関係してくる。比熱とはどれだけ温めにくくて、冷めにくい(どちらも特性は同じ)かを表しているもの。水はこれがかなり大きくて、冷却水には非常に適している。

webcartop03

だからレース車両はただの水を入れているのだが、これは毎回メンテをするから。一般のクルマだと入れっぱなしなので、内部にサビを発生させたり、泡が生じたりなど、長く使うと不具合が発生してしまう。だから、比熱が小さくなったとしても、防錆剤や消泡剤といった各種添加剤を入れた専用の冷却水の使用を指示しているのだ。

webcartop_03

ちなみに緊急ならミネラルウォーターでもいいが、成分によってはエンジン内部で石化などする可能性もあるので、ただの水道水で充分だ。ミネラルウォーターなら軟水を選ぶようにする。

webcartop