【話題】クルマに使う解氷スプレーを激安で自作して使ってみた結果とは? (1/2ページ)

市販の解氷スプレーの成分はほぼアルコール

 冬の朝、クルマで出かけようとするときに困るのが、フロントガラスの霜。凍ったガラスの氷を短時間に手軽に溶かすには、市販の解氷スプレーを使うのが一番。スプレー1缶500~1000円ぐらいでホームセンターやカー用品店で売っているので、一本常備しておけば便利だ。

 しかしその成分を見ると「アルコール類・シリコーン」「アルコール類95%」と書いてあり、「火気厳禁 危険物第四類アルコール類 危険等級Ⅱ」という注意書きが……。WEB CARTOP

 要するにほぼアルコールってこと! ネットを見ると、解氷スプレーを自作している人が結構いるようななので、早速試してみた。

 用意したのは

・100円ショップのスプレーボトル

・アルコール
(写真はアルコールランプなどに使う燃料用のアルコール。500mlで200~300円 ドラッグストアなどで売っている ※成分=メタノール76.6%、エタノール21.4%、イソプロパノール0.3%)

・水

WEB CARTOP WEB CARTOPどうやら、アルコールを原液で使うのではなく、アルコール3:水1で希釈するのが定番とのこと。これをスプレーボトルに入れて混ぜれば完成!WEB CARTOP

 早速凍ったガラスに、シュッとひと吹きしてみた!WEB CARTOP