BMW2シリーズ アクティブツアラー&グランツアラーに「ディーゼル四駆」が登場!

BMW2シリーズ アクティブツアラー&グランツアラーに「ディーゼル四駆」が登場!

4WDながらもリッター20kmを達成したエコカー減税対象

 BMWのコンパクトハッチバック「BMW 2シリーズ アクティブツアラー」、コンパクトミニバン「BMW 2シリーズ グランツアラー」に、クリーンディーゼル+4WDを組み合わせたグレードを新たに設定する。
それぞれ「BMW 218d xDriveアクティブツアラー」、「BMW 218d xDriveグランツアラー」の名称で、2017年1月28日に発売される。

【関連記事】【試乗】ルノー トゥインゴ ゼン5速MTはクルマとの対話が楽しい貴重なモデル

webcartop_01
これまでアクティブツアラーの4WD車はガソリンエンジンのみ、グランツアラーは全グレードFFだけをラインアップしていた。

 搭載されるエンジンは直列4気筒ディーゼルターボで排気量は2リッター。最高出力は150馬力で、最大トルクはじつに330N・mも発生する。

 組み合わされるトランスミッションは8速ATで、アイドリングストップ機構の「エンジン・オート・スタート/ストップ機能」も装備し、4WDモデルでありながら、JC08モード燃費は20km/Lにも達する。
この新型モデルはエコカー減税対象車で、自動車取得税・重量税が100%減税、つまり免税となり、翌年度の自動車税も75%減税となる。

WEBCARTOP_spec

同時に200台のみの特別限定モデルも発売

 また、「BMW 218d xDrive グランツアラー」の発売を記念した特別限定モデル「BMW 218d xCountry(クロスカントリー)」を200台限定で同時に発売する。

HyperFocal: 0

 このモデルは外観に専用色を設定するほか、「アクティブ・クルーズ・コントロール」などの先進装備、「フロント・シートバック・テーブル」といったユーティリティ、両手が荷物で塞がっていても足でテールゲート開閉が可能な「オートマチック・テールゲート・オペレーション」を標準化するなど、アウトドア志向のファミリーユースに最適な仕様となっている。

BMW 218d xCountry 特別装備

●ボディ・カラー: アルピン・ホワイト、またはインペリアル・ブルー(専用色)

●ルーフ・レール ブラック

●専用 17 インチ ダブル・スポーク・スタイリング385 アロイ・ホイール

●専用 Sensatec レザー(合成皮革)ブラック

●フロント・シート・ヒーティング

●専用ハイグロス・ブラック・トリム/パール・クローム・ハイライト

●専用シリアル番号入りインテリア・バッジ

●専用シリアル番号入りキー・ケース

●アドバンスド・パーキング・サポート・パッケージ
>>>PDC:パーク・ディスタンス・コントロール(フロント)
>>>パーキング・アシスト

●ACC:アクティブ・クルーズ・コントロール(ストップ&ゴー機能付)

●プラス・パッケージ
>>>ITS スポット対応DSRC 車載器システム(ルーム・ミラー内蔵、ETC 機能付)
>>>フロント・フォグ・ランプ
>>>オートマチック・エア・コンディショナー(AUC〔オートマチック・リサーキュレーティング・エア・コントロール〕、マイクロ・フィルター〔花粉除去機能付〕、左右独立温度調節機能、後席用エア・アウトレット〔風量・温度調節機能付〕、パーキング・ベンチレーション)

●電子油圧制御式8 速スポーツ・オートマチック・トランスミッション(ステップトロニック付)

●マルチファンクション・スポーツ・レザー・ステアリング・ホイール(シフト・パドル付)

●専用フロント・シートバック・テーブル

●コンフォート・パッケージ
>>>オートマチック・テールゲート・オペレーション
>>>コンフォート・アクセス
>>>ライト・パッケージ

●専用 HiFi サウンド・システム

●価格:¥4,920,000

※写真はすべてBMW 218d xCountry(クロスカントリー)

画像ギャラリー