【今さら聞けない】中古車の「ワンオーナー」って何がいいの? (1/2ページ)

【今さら聞けない】中古車の「ワンオーナー」って何がいいの?

必ずしもいいクルマではないが素性がわかりやすいという利点はある

 ワンオーナー車とは、文字通り前オーナーが1人しかいなかった中古車のこと。その車を新車で買った人が手放すまでずっと所有し続けていたクルマということになる。WEB CARTOP

 今も昔も中古車の物件情報では必ず強くアピールするポイントで、長年にわたりユーザー側がワンオーナー車をありがたがる傾向が続いているからだ。WEB CARTOP

 しかし、筆者の中古車取材経験からすると、ワンオーナー車は必ずしも複数オーナー車より程度が良いわけではない。ワンオーナー車の唯一にして最大のメリットは安心感。

 多くの人に所有されたモノより、一人に所有され続けたモノのほうが何となく安心できるとの心理的な部分だ。比較的クルマの素性がわかりやすいことも大きい。

 しかし、たとえワンオーナー車でも、油脂類の交換もろくにされず、ノーメンテナンスで放置され続けたかも知れないことを疑うべきだ。

 複数オーナー車でも、歴代オーナーから愛情を注がれたクルマは下手なワンオーナー車よりもはるかに程度が良かったりするので、中古車を選ぶ際にワンオーナー車にこだわりすぎるのは良くない。複数オーナー車に対する偏見も禁物である。 WEB CARTOP

 ワンオーナー車の前オーナーは新車を買った人だから経済力があり、愛車の扱いやメンテナンスか適切で安心だとする理由は納得しやすいが、なかには高額な新車の支払いで経済的に一杯いっぱいとなり、メンテナンス費用がケチられたかも知れないなど、一概に決めつけることはできない。

  

画像ギャラリー