【海外試乗】電動化してもポルシェはポルシェ! パナメーラ 4 Eハイブリッド (1/3ページ)

【海外試乗】電動化してもポルシェはポルシェ! パナメーラ 4 Eハイブリッド

飽くなき追求を続けるポルシェの意思が体現されたモデル

 アシッドグリーン(ライム色)に塗られたブレーキキャリパーがアイコンとなるPHEV、パナメーラ 4 Eハイブリッドに南アフリカの最南端の都市、ケープタウンで乗った。

【関連記事】【海外試乗】ポルシェ911GTS「圧倒的に扱いやすいがストレートはGT3を超えた」

webcartop_01

 15世紀ごろから欧州の人たちはこの喜望峰を経由してインドを目指した。スエズ運河が開通する以前は南極大陸から吹き付ける風が多くの船を難破させ、大西洋からインド洋までの船旅はそう簡単なものではなかった。

webcartop_02

 しかしアフリカ大陸を越え、この試練を乗り越えると、インド洋の貿易風に押されて、インドまでたどり着く。当時の人々は「この海の向こうにはきっと新天地があるはずだ」と信じて旅を続けたのだろう。4Eハイブリッドのステアリングを握りながら、ふとそんなことを思ったのは、ポルシェの大きなチャレンジを感じているからだ。

webcartop_32

 世界を代表するスポーツカーメーカーでありながプラグ-イン・ハイブリッドを熱心に開発し、さらにピュアEVのミッションEも続く。

 どのメーカーにも増して積極的なクルマの電化や、2020年頃とされるミッションEの登場は、現状のブランドイメージや立場に満足することのない、自動車の新天地を目指したポルシェの飽くなき挑戦なのだ。

画像はこちら

 フロントフェイスとリヤビューに911のイメージが重なってしまう新型パナメーラは、個人的には現代版928、つまりポルシェ流の4ドアクーペのようにも思えた。まずはこの2代目パナメーラで追加されたロングホイールベースのパナメーラ4Eハイブリッドエグゼクティブを味見する。

webcartop_10

画像ギャラリー