【今さら聞けない】中古車で見かける「極上車」って何? (1/2ページ)

極上車の記載はあくまで販売店の基準

中古車を探すとき、できれば程度が良い個体を購入したいと考えるのは当然のことだろう。とくにまだ新車で買えるモデルならまだしも、もはや中古車でしか購入することができない絶版車であればなおさらだ。

そんなとき目にする「極上車」という謳い文句……。とても魅力的に映るこの「極上車」というクルマは一体どんな状態の車種を指すのだろうか?

なお、「極上」を辞書で引くと「きわめて上等なこと。また、そのさまやもの」とある。つまり中古車の極上車というのは極めて上等な中古車というわけだ。ではどんな個体が「極上車」として流通しているのかを中古車情報サイトを使ってチェックしてみた。

まず、見つかったのが高年式で走行距離の少ないもの。試乗車上がりや、登録済未使用車などが該当するだろう。もちろんほとんど乗られていないし、メーカー保証も残っている状態だから紛れもない極上車だ。好みの仕様のものがあれば、購入しても後悔することは少ないだろう。次に見つかったのは、ほとんどの車両がバリバリカスタムされてサーキットなどで酷使されてしまう人気のスポーツモデルのフルノーマル車両。年配のユーザーが新車時から所有していた個体で、走行距離は年式相応ながら、激しい走りとは無縁な状態で来ていることから程度は悪くなさそうだ。また、記録簿が残っており、定期点検などはすべて正規ディーラーで行っていたようで、予防整備的な整備も定期的に実施してきた様子。