【ライバル比較】新型スバルXVと国内外のライバル勢を徹底分析! (3/3ページ)

スバルXVは世界で闘えるクルマに仕上がっているか

 今どきは輸入車がより身近な存在になりつつあり、新車購入時に国産車に対する比較対象となることも増えてきた。国産車が海外市場を意識したクルマ作りを行なっていることも両者の差を縮めた要因だ。

 ただし、相変わらず価格では、同クラスといっても輸入車のほうが高めの設定となる。それゆえ国産車のコストパフォーマンスが際立つわけだが、それ以外の部分でも輸入車に対する優位性はしっかりと備えている。

 XVの場合はどうか。まず内外装のクオリティは、輸入車と比較しても遜色のないレベルにある。開発コストを潤沢に投入できるわけではないだろうが、それでも質の高い素材を選び、巧みな作り込みによって上質さが表現されている。


走行性能も輸入クロスオーバーに対して比肩するレベルにある。とくに長らく磨き上げてきたSUBARU独自の4WD性能については、XVにとって大きなバリューとなっている。

 オフロードはもちろん、舗装路での操縦安定性向上にも寄与し、なおかつ乗り心地の質も高い。輸入車でよく言われるボディの堅牢さも同等レベルにあり、これも走りのよさに好影響を及ぼしている。


ワールドワイドな視点で輸入車に勝っているポイント

 XVはインプレッサなどと同じく、海外でも販売される。とくに欧州はクロスオーバーSUV全盛でライバルも多い。こうした海外のモデルに対してXVの優位性は、やはりシンメトリカルAWDによる卓越した走行性能となるだろう。とくにさまざまな路面状況への対応力はライバルを圧倒する。

【結論】スバルXVは国内はもとより輸入ライバル勢に対しても競争力は十分

 SUBARUが長年に渡って培ってきたAWD技術によってもたらされる抜群の走破性。実用面においても日本人の厳しい要求に応えたきめ細かな作りが光る。こうした特徴からもSUVとしての能力の高さに疑いの余地はなく、国産はもとより、輸入クロスオーバーSUVに対しても十分な競争力を持つと言っていいだろう。

 群雄割拠の様相を呈しているクロスオーバーSUVのなかでも確固たる地位を確立した、まさに買いの1台だと断言していい。

画像ギャラリー