スマートキーが狙われる! 新たなクルマの盗難方法「リレーアタック」に注意

スマートキーの微弱な電波を増幅・中継してクルマを盗難する

 日経新聞にスマートキーの窃盗方法である『リレーアタック』の記事が出た。この方法を使うと強固な盗難防止システムを持つ最新型車でもドアロックは瞬時に空き、プッシュボタン押せばエンジン掛かって盗めてしまうというから驚く! この状況、大半の人が知らない。この機会にぜひ認識を!

リレーアタック
リレーアタックという窃盗方法を初めて聞く人も多いだろうから説明しておく。ご存じのとおりスマートキーとは持っているだけでクルマのロック解除が出来、そのまま車内に入ってプッシュボタンを押すだけでエンジン始動。走り出せるという便利なシステムだ。多くのクルマに採用されている。

リレーアタック
スマートキーはイモビライザーと呼ばれるセキュリティと連動しており、極めて高度な盗難防止機能を持つ。したがってスマートキーを使っている限り、盗難されることなどないというのがメーカーの言い分だった。しかし日経新聞で紹介されたリレーアタックを使えば、スマートキーも攻略可能。

リレーアタック
スマートキーは1mくらいしか飛ばない微弱な電波を常時出している。スマートキーを所持している状態でドアノブなどに触れると、車両側から電波を発射。スマートキーと通信してドアロック解除するというシステムだ。この電波の中に暗号など含まれているため、同じスマートキーでないと稼働しない。

 リレーアタックはこの特性を逆手に取る。スマートキーを持った人が買い物に行くとしよう。スマートキーの1m以内に接近し、常時出ている微弱な電波を中継器でキャッチ。そいつを増幅し、車両の側にある受信機に飛ばし、スマートキーと同じ電波を出す。その状態でドアノブに触ればどうか。

リレーアタック
車両側はスマートキーが近所に「ある」と判断。ドアロックを解除する。そのまま乗り込んでプシュボタン押せば、これまたキーも「ある」と判断しているためエンジンだって掛かり、あっという間に盗難出来てしまうのだった。1度エンジン掛かったら、止めない限りどこまでも走れる。

 もちろんエンジン止めたら再始動出来ないものの、今や盗難部品のビジネスも盛ん。バラして売ってしまう。この件、自動車メーカーに問い合わせたら、複数のメーカーが「防犯の観点からノーコメントです」。すでに発生している盗難事案なのに、何の情報も出さないという。これでは防ぎようがない。

リレーアタック

 そこで違うルートで調べてみたら、以下のような状況が判明した。まずリレーアタックで車両を狙われたら防ぐ方法はないということ。有効な対応策を開発中だという。現時点でこの方法による車両盗難件数は不明。部品ビジネスの場合、盗難車両が見つからないため、盗難方法も解らないためだ。

 リレーアタックによる盗難事件、現在はヨーロッパが中心だという。けれど遠からず中国あたりでもリレーアタック用の”道具”が出回るかもしれない。日本上陸も時間の問題か。いずれにしろ盗難方法が解れば、対応策だって考えられる。自動車メーカーも隠すことより、注意喚起すべきだと思う。

リレーアタック

 はたまた犯罪集団はすでに入手しているかもしれない。私もすでに注意モードに入った。ちなみに現時点での対応方法は食事の時などスマートキーを見える場所に置いたりしないことと、近づいてくる人に注意すること。少なくとも「スマートキーだから安心」という認識を改めるべきだ。