優雅な外観に先進装備満載! メルセデス・ベンツEクラス クーペが日本上陸 (1/3ページ)

優雅な外観に先進装備満載! メルセデス・ベンツEクラス クーペが日本上陸

セダン・ワゴンに続く第三のボディタイプ

メルセデス・ベンツのラインアップにおいて、サイズにおいても販売面でも中心的存在となっている「Eクラス」。昨年7月にセダン、同じく11月に「ステーションワゴン」を発表したのに続き、第三のモデルとして待望の「クーペ」が5月31日に追加された。

【関連記事】「エンコにノークラ」いつしか使われなくなった自動車用語8選

メルセデス・ベンツEクラス

「メルセデス・ベンツEクラスクーペ」は、1968年に発表された初代250Cおよび280CE(114/115シリーズ)の頃より、同モデルのセダンをベースにAピラーより後ろをクーペ専用デザインとし、流麗なルーフライン、サッシュレスウインドウ、Bピラーレス構造による広い側方視界を備えることが、約50年の歴史の中で堅持され続けている。新型Eクラスクーペにおいてもその伝統は踏襲され、独特の伸びやかなサイドビューが形成された。メルセデス・ベンツEクラス画像はこちら

一方、これまではリヤホイールアーチの後ろまで長く伸びたドロッピングラインで表現していたリヤのショルダー部を、なだらかな曲面のみで表現。ベルトラインも控えめにすることで、シンプルながらコントラストの強いスタイルを生み出している。メルセデス・ベンツEクラス画像はこちら

なお、主に横転への対策として、Aピラーとルーフ部の骨格には超高張力鋼板を使用。Bピラーレスボディながら、セダンと同等レベルの高い衝突安全性能を確保した。

メルセデス・ベンツEクラス画像はこちらリヤまわりには、近年のクーペモデルに共通の、すっきりと水平にトランクリッドにまで伸びる2分割構造のLEDコンビネーションランプを装着。後続車からの視認性を高めるだけではなく、状況によって発光量を調整することで眩惑を防ぐ「クリスタルルック」を、セダンとステーションワゴンに続き採用している。メルセデス・ベンツEクラス画像はこちら

さらに、セダンとステーションワゴンに搭載されている、夜間にリモコンキーで開錠すると車幅灯が約3秒間青く点灯して乗員を迎える「カミングホームファンクション」に、クーペではリヤにも同様の機能を追加。ドアを開錠するとリヤコンビネーションランプのLEDが車体中央側から外側に向けて順に点灯。施錠時には反対方向に点灯し、かついずれの場合も上下方向の減光機能と組み合わされた。メルセデス・ベンツEクラス画像はこちら

画像ギャラリー