ついにハイブリッドを追加! 安全面も進化した新型ホンダ・ステップワゴン (1/3ページ)

ついにハイブリッドを追加! 安全面も進化した新型ホンダ・ステップワゴン

ハイブリッド車はリッター25kmの省燃費!

7月の時点でマイナーチェンジが予告されていた、ホンダの5ナンバー1BOXミニバン「ステップワゴン」が、ついに正式発表。その全貌が明らかにされた! 今回、とくに力を入れて変更が加えられたのは、エアロ仕様の「スパーダ」。

【関連記事】【今さら聞けない】ミニバンとワンボックスカーの違いとは?

ステップワゴン画像はこちら

現行5代目前期型は曲線基調のフロントマスクを備えており、何よりも押し出しの強さを求める傾向にある背高ワゴンユーザーのニーズには、必ずしも充分に応えられていなかったのが実情だ。ステップワゴン画像はこちら

だが、新たに生まれ変わったステップワゴンスパーダは、三段構えのクロームメッキグリルと、スクエアなフォルムのバンパー・フェンダー・ボンネットに一新。新型N-BOXと同様にフロントグリルから横に伸びたメッキモールが食い込み、導光チューブが内部のほぼ全周に配置されたLEDヘッドライトが全車に標準装備されている。ステップワゴン画像はこちら

さらにリヤスポイラーも、中央がくぼんだ形状から小さな翼端板を備えたウイング形状となったことで、昨年8月にフルモデルチェンジした日産セレナ、今年7月にマイナーチェンジしたトヨタ・ヴォクシー/ノア/エスクァイアといったライバルたちにも引けを取らない迫力と存在感を纏うようになった。ステップワゴン画像はこちら

そしてこのスパーダに、現行5代目発売当時より待ち望まれていたハイブリッドモデルが仲間入り。アコードやオデッセイと同じ2モーター式の「スポーツハイブリッドi-MMD」を採用し、JC08モード燃費は1.5リッターターボ車の17.0km/Lに対し25.0km/Lへと劇的にアップした。ステップワゴン画像はこちら

なお、ハイブリッドモデルは新基準のWLTCモード燃費も取得しており、複合モードは20.0km/L、市街地モードは18.8km/L、郊外モードは21.7km/L、高速道路モードは19.5km/Lとなっている。

しかもこのハイブリッドモデル、変わったのはパワートレインだけではない。専用チューニングのサスペンションが与えられるとともに、最上級グレード「ハイブリッドG・EXホンダセンシング」にはパフォーマンスダンパーがボディの前後に装着される。その走りは一体どれほどスポーティになっているのか、否が応でも期待が高まってしまうというものだろう。ステップワゴン画像はこちら

画像ギャラリー