「夜に査定したほうがいい」「シートにカタログを置く」下取り査定時の噂とその真相6選 (1/2ページ)

納得の値引き引き出しには下取り査定の上乗せが大切

 新車の値引きについては、車両本体価格からの値引き(車両本体値引き)、カーナビなどオプションからの値引き、そして下取り査定額の上乗せで構成されている。

 車両本体値引きは車両本体価格中のディーラー利益分が原資となっているが、近年ではディーラー利益が以前ほど手厚くないこともあり、“年度末商戦だから”などといって、値引き額が変動することはなくなり、通年で安定したものとなっている。用品値引きは用品総額から20%程度の値引きが可能となっている。下取り査定

 車両本体値引きや用品値引きだけではなかなか思うような値引き条件のアップは期待できない。そこで注目するのが下取り査定額の上乗せとなる。

 下取り査定は本来ならば、内外装の傷や走行距離など実車の現状をチェックして現状価値を算出するもの。だが中古車相場を意識し、下取り査定額より高い買い取り額を提示する買い取り専業店の台頭により、下取り査定でも中古車相場も加味して査定額を算出するようになり、買い取り店の提示する買い取り額並みの査定額が提示されるようになってきている。下取り査定

 それでは、より良い下取り査定額をゲットするための方策はあるのだろうか、下取り査定でよくある疑問から解き明かしてみよう。

1)洗車してディーラーに持っていったほうがいい?

 ドロドロの河原を走りまわったあとなど、著しく汚れていない限りは一般的な埃や、雨天走行後の泥はねが乾いた状態などでは、ピカピカに磨いていった場合と大きく査定が異なることはないだろう。下取り査定セールスマンはドアの内側やトランクを開け、ウエザースリップ近くをチェックすると聞いたことがある。自分で洗車をしたときでも、外側だけ拭きあげていたり、ノンブラシ洗車機を頻繁に利用していると、ドアの内側に汚れがこびりついていたり、ひどいときにはコケが生えていたりするのである。下取り査定

 洗車機械の入れすぎで、薄い傷や塗装に問題などが発生していない限りは、大きく査定に響くことはないが、普段どのように乗っているかを知ることはできるのである。

2)夜間に査定を依頼するほうがいい?

 暗くなった屋外で行うことはないが、明かりのある整備工場内での査定では、やはり傷などの見落としも多くなるので、原則的に夜間の査定は行わないケースが多い。仮に夜間査定に応じたとしたら、見逃しが起きるリスクから査定額が伸び悩むことも多いようだ。下取り査定

画像ギャラリー