【試乗】ルノー キャプチャーが「冒険者」っぷりを向上! その実力を試す

悪路走破性を高める「ダイヤル」が追加

 デビュー以来、スタイリッシュなボディデザインとコンパクトなボディサイズが魅力で注目されているルノー キャプチャー。世界的なSUVブームの中にあってファッション性の高さが個性として異彩を放っている。そのキャプチャーが2018年モデルとして進化。ルーフとボディ側面を色分けした特徴的なツートーンのカラーリングは新色となり、前後にLEDランプを採用するなどして存在感を強めている。ルノー キャプチャー

 外観から眺めていくと、スタイリッシュなボディデザインが本当にカッコいい。前後のオーバーハングを切り詰め、17インチの大径ホイールが車体の四隅に配置されていて躍動感に溢れている。ホイールアーチにはSUVを特徴づける樹脂製のアーチプロテクターが配され、前後のバンパー下と合わせ車体全周をガードするアラウンドボディプロテクターとして構成。ルノー キャプチャーグランドクリアランスを高く見せる効果もあり、オフロード走破性に適したフォルムとなった。キャプチャーには「都市を生きる冒険者」というキャッチコピーが授けられているが、今回のモデルは山岳地域でも引き立つ力強さを纏った印象だ。実際見た目だけではなく、機能の面でも悪路走破性を高める装置が付加され実力を高められているという。ルノー キャプチャー

 そこでキャプチャーを実際に走らせてみた。コクピットに乗り込むと、エクステリア同様にツートーンでコーディネートされたインテリアが新鮮だ。試乗車のグレードはルーフと同色のファイブリックシートが採用された「インテンス」。シートは形状とステッチの作り込み、固さやホールド性など総合力に優れ、高いヒップポイントにより見晴らし性、乗降性にも貢献している。ダッシュボードもツートーンに配色されスタイリッシュで、ソフトパッド仕上げにより上質さも向上している。ルノー キャプチャー

 視認性の高いメーターと、余計な装備を省き簡潔に仕上げられたインパネには、ナビモニターもなく手持ちのスマホをビルトインするホルダーとソケットが用意される。専用のアプリケーションをインストールすると車両の各インフォテンツをスマホ画面で操作できるルノー独自のシステムが採用されているのだ。ルノー キャプチャー

 エンジンはスタート・ストップボタンで始動。パワートレインは1.2リッターの直4直噴ターボ過給器付きH5F型で、最高出力118馬力を5000回転で発生する。最大トルクは205N・mを僅か2000回転で発揮。パワーは1.6リッター、トルクは2リッター並みにあるのだ。トランスミッションはツインクラッチDCTの6速EDC(エフィシェント デュアル クラッチ)を採用する。ルノー キャプチャー

 DCTは変速ショックがほとんどなく、効率がいいが制御設定が難しい。だがキャプチャーのEDCは自然な感触に仕上げられ、違和感なくDCT本来の良さが引き出されていた。シフトレバーによりマニュアル変速操作も可能で、レバー前押しでシフトダウン、後ろ引きでシフトアップするスタイルは操作性に優れ小気味いい変速が得られるのだった。ルノー キャプチャー

 1280kgと軽量コンパクトな車体でパワー不足感はまったくなく、むしろ力強い加速フィールが頼もしい。キャプチャーは前輪駆動FFで4WDシステムを持たないが、電子制御の新採用で悪路走破性を高めることで4WDに相応する走破性を確立している。そのシステムは「エクステンデッドグリップ」と呼ばれセンターコンソールに機能選択スイッチを配置している。ルノー キャプチャー標準モードの他にソフトグランドモード、エキスパートモードの3モードを備え、エンジン出力(トルク)制御に個別ブレーキ制御を作動させて4輪のグリップコントロールを行う。この機能をオールシーズン最大限に発揮させるために、標準装着タイヤはオールシーズングレードのものが採用されているのだ。ルノー キャプチャー

 他にも坂道発進での後退を抑制するヒルスタートアシスト機能、横滑り防止装置のESCや制動時姿勢安定装置EBD、アンチロックブレーキのABSに緊急時ブレーキアシストのEBAなどを当たり前のように備える。

 市街地や高速などを走り込んでみるともり心地を含め快適性に優れていることにも驚かされた。遮音性が高く静かな室内に、ショックアブソーバーの突き上げ感が少なくストロークフルな仏車特有のダンパーチューニングで高級車に乗っている気分に浸れる。またボディ剛性が高く、ガッチリ守られている印象が安心感にも繋がり疲労感も少なかった。ルノー キャプチャー

 減速時に発電するエネルギー回生ジェネレーター機構と、バッテリーをマネージメントするエナジースマートマネージメントなどで燃費を向上させ、環境性能を高める機能も搭載するなど全方位の進化を果たしているといえる。ルノー キャプチャー

 後席は前後に最大160mmスライドすることができ、後席の居住性も高い。またラゲッジスペースの容量も455〜1235リットルとアレンジできるなど使い勝手も相当に優れる。ルノー キャプチャー

 ルノー・キャプチャー、見た目だけではなく走りも使い勝手や環境・経済性、安全性にも優れる盤石な完成度で世界レベルのヒットモデルとなるのは間違いなさそうだ。ルノー キャプチャー

画像ギャラリー