【RMオークション】最高落札価格は2億7000万円のフェラーリ! アイルトン・セナのスーツは500万円で落札

【RMオークション】最高落札価格は2億7000万円のフェラーリ! アイルトン・セナのスーツは500万円で落札

ブガッティ・ヴェイロンは新車よりも高い値が付いた!

512日、モナコでRMオークションが行われた。レーシングカーから懐かしのスーパーカーまで幅広い車種、86台が出品された。高額落札車3台を紹介したい。

3)1962年式フェラーリ250GTカブリオレ シリーズ2

落札予想価格:1億8284万5138円から2億896万5872円
落札価格:2億2104万6711円

クラシック・フェラーリは、RMオークションでつねに高額落札の上位に名を連ねるクルマだ。イタリアのデザイナーであるピニンファリーナが手がけた250GTカブリオレは、今見ても美しい。2000台生産されたうちの172番目のモデルで、極めて初期ロットに近い。RMオークション

2012年にイタリアのレストア職人によって修復され、2013年にフェラーリ・クラシケを認定を受けている。エンジンとギヤボックスなどはオリジナルのままだという。今年1月に開催されたアリゾナオークションで約1億5000万円で落札されたことを考えると、今後さらに値が上がることは必至だ。RMオークション

2)2015年式ブガッティ・ヴェイロン16.4 グランドスポーツ・ビテッセ

落札予想価格:1億5672万4404円から1億9590万5505円
落札価格:2億2471万9939円

わずか804kmしか走っていないブガッティ・ヴェイロン。2015年8月に行われたモントレー・カー・ウィークやサンフランシスコ国際自動車ショーに展示されたりと、走行距離の多くは走行テストをしたときに刻んだと書かれてる。 トランスフォームをテーマにした多数のカスタムを施され92台しか生産されていない、ほぼド新車のヴェイロンを手にしたオーナーは幸運としか言えない。RMオークション

1)1966年式フェラーリ275GTB

落札予想価格:2億6092万4920円から2億8701万7412円
落札価格:2億7951万5820円

近年高額落札されることが増えてきた275GTB。美しいボディに淡いブルーのボディカラーがマッチングして、息をのむ美しさとはまさにこのことだろう。1966年から約8年イタリアのオーナーが所有していたが、その後アメリカに渡り、愛好家によって所有されていた。2005年にレストアを開始し、2008年に完成。フェラーリ・クラシケの認定を取得した。ここ数年3億超えだった相場からすると、2億7951万5820円は魅力的だといえる。RMオークション

ちなみに番外編だがF1界のレジェンド、アイルトン・セナが1987年に着用したレーシングスーツが502万172円で落札された。アイルトン・セナやF1の歴史を語る上で、忘れてはならないアイテムも出品されていたこともお伝えしておきたい。RMオークション

画像ギャラリー