必要なのは購入資金だけ!? 買えさえすればタダ同然で乗れる現代の驚きフェラーリ事情

値落ちしにくいので売却時に損しない可能性も高い

 ゼロ円ではないが、フェラーリ純正メンテナンス・プログラムは、2011年7月1日以降生産のモデルに、7年間、もれなくタダでついてくる。その内容は、以下の通りだ。
フェラーリ

<1年ごとのサービス>
●車両の検査(メンテナンスチェックリストに基づく)
●エンジン・オイル交換
●エンジン・オイルフィルター交換
●エアコン・フィルター交換
●エアフィルター交換
●それぞれの作業工賃

<2年ごとのサービス>
●ブレーキ・フルード交換
●補記ベルト交換
●それぞれの作業工賃

 加えて、走行距離によるサービスもあり、走行2万kmごとに1年ごとのサービス内容が付帯されるので、年間2万km以上走った場合は、年に2回サービスが受けられる。

 ただしこのサービスには、法定点検料は含まれていない。「はは〜ん、フェラーリだけに、法定点検料がバカ高いんだな?」そんなことを考える方もいるだろうが、それもない。まぁ国産車よりは多少高いが、せいぜい数万円である。
フェラーリ

 私は458イタリアに乗っていた時期、一度だけ正規ディーラーで車検を取ったことがあるが、費用は合計25万円強だった。ちなみに私の458イタリアは2010年の生産モデルだったので、この「7年間無料プログラム」の対象外。全額自己負担だったが、普通にディーラーで車検を取って総額25万円程度というのは、輸入車としてはむしろ安いほうだと言える。
フェラーリ

 そのほか、車検時の重量税や自賠責保険料、検査料も別途オーナーの負担になるので完全にタダというわけではないが、それは当たり前の話。加えて、新車時から3年間に生じた車両の不具合は保証の対象になるので、修理は無料。と言っても近年のフェラーリは、信頼性も恐ろしいほど向上しており、故障はほとんどない。私の458イタリアは、新車から1年半落ちの中古車を購入して5年間乗ったが、故障は皆無だった。新車保証は、それなりの金額(かなりの高額)を払えば、最長15年間まで(!)延長できる。
フェラーリ

 同じようなサービスプログラムに、「メルセデス・ケア」があるが、あちらは新車時から3年間だ。7年間のフェラーリの手厚さは尋常ではないが、フェラーリは基本的に走行距離が非常に短いのが通例。だからこそ可能になっている面はあるだろう。

 ただ、最近のフェラーリは非常に乗りやすくて快適なので、走行距離は長くなる傾向があり、最近は年に数万km走る猛者もいる。それでも故障したという話はほとんど聞かない。フェラーリを買うことのリスクは、もはやほとんどないと言える。しかもフェラーリは、モデルにもよるが、中古車の値落ちが非常に少ない。逆に値上がりする例もある。
フェラーリ

 かつてフェラーリを買うということは、新車・中古車を問わず大きな冒険だった。なにが起きるかわからなかった。私も、24年前に初めてフェラーリ(中古車)を買ったときは、人生を捨てる覚悟だった。

 ところが今や、新車はもちろんのこと、中古車であっても、フェラーリを買うことに、リスクはほとんどない。それこそメルセデス・ベンツSクラスあたりを買うよりも、トータルでははるかに安上がりだ。そこに、なんとも言えない物足りなさを感じてしまうのも、また事実だが。
フェラーリ

画像ギャラリー