森林を駆け抜ける姿をイメージした限定車「フィアット・パンダ・4×4フォレスタ」を発売

初採用のブラックカラーも登場!

 FCAジャパンは、フィアット・パンダに限定車「Panda 4×4 Foresta(フォーバイフォー・フォレスタ)」を設定し、7月14日(土)より100台限定で販売を開始する。251万6400円(税込み)。
フィアット・パンダ

 サブネームのフォレスタは、イタリア語で「森林」を意味している。自然の中を思う存分に駆け抜けられる走破性と、都会の景色にも溶け込むクールな装いを兼ね備えたスモールSUVだ。

 エクステリアは、スキッドプレートを追加した4×4モデル専用の前後リヤバンパーや、専用15インチアルミホイールと175/65R15タイヤを装着。SUVらしい力強さを演出している。
フィアット・パンダ

 ボディカラーには、シリーズ初採用のシネマブラックと、4×4専用カラーとなるトスカーナグリーンの2色を用意。各色50台ずつ計100台の設定となる。

 インテリアは、ダークグレーとグレーのシートに、深みのあるグリーンのインストルメントパネルを組み合わせた、森林を彷彿とさせる室内空間とした。
フィアット・パンダ

画像ギャラリー