重厚感もアップしてよりリアルに! 京商からコマツ油圧ショベルの赤外線コントロールモデルが発売

30gまでの重さを持ち上げられるようにパワーアップ!

多くのファンを魅了するミニカーやラジコンを発売する京商から、建設機械メーカー・コマツの「KOMATSU PC1250-8(HG)」が、1/50スケールの赤外線コントロールモデルとして登場した。税抜き2万3000円。コマツ油圧ショベル

2009年10月に発売した「KOMATSU PC1250-8」がグレードアップ。より油圧ショベルらしいリアルさを再現するため、新型クラッチシステムを採用。なんと30gまでの重りを持ち上げることを可能とした! コマツ油圧ショベル

クローラー(キャタピラ)をダイキャスト(亜鉛合金製)でリアルに再現している点も見逃せない。走行時の安定性にも貢献し、動作音もまるで実機のそのものといえる。また、1/50スケールながら建設機械らしい手に取ったときの重厚感は所有欲を満たしてくれる。コマツ油圧ショベル

嬉しいのは同封される専用送信機だ。実機と同じ操作パターン(JIS方式)を採用し、細かい操作から複雑な動きまで実現することができた。さらに、A.B.Cの3種類の赤外線チャンネルをラインアップすることで3機同時操作も可能とし、友達と遊ぶこともできる。なにより、組み立て不要の完成品となっているため、アルカリ乾電池を買うだけですぐに遊べることが魅力だ。コマツ油圧ショベル

【テクニカルデータ】
全長:365mm
全幅:115mm
全高:250mm
全備重量:約450g

画像ギャラリー