最新技術を惜しみなく投入! エンジニアの情熱を感じるトヨタ新型カローラ スポーツのメカニズム (1/3ページ)

日本が世界に誇るベストセラーが身に付けた楽しさの源泉

 スタイリングのよさとハッチバックの実用性の高さに、優れた走行性能を備えたカローラ スポーツ。4代目プリウスから展開が始まったTNGAによる低重心や低フード、パッケージングのよさや車種展開のしやすさは、SUVらしからぬ走りでヒット作となったC-HRでも実証されている。
カローラスポーツ

 素性のいいTNGAだけに、そのままボディを変えただけでもいいクルマになったはずだが、カローラスポーツには「もっといい」クルマが作れるというエンジニアの意気込みや欲望がいたるところに込められている。サスペンションやステアリングに新たなメカニズムを取り入れるなど、金太郎飴的な派生モデルでないことをうかがい知ることができる。

 たとえば最上位モデルにはリニアソレノイドバルブ式のAVS(アダプティブバリアブルサスペンションシステム)も用意。さらに1.2LターボにMT車をラインアップする大英断を下すなど、「カローラにそこまでやるの?」と思わせる、走りに対する尋常ではないこだわりが見てとれるのだ。

画像ギャラリー