最近のSUVが背面タイヤを採用しないワケ

最近のSUVが背面タイヤを採用しないワケ

ジムニーやGクラスなど採用車は少数

 ジムニーが大ヒットとなっているが、その理由のひとつが武骨なスタイル。その武骨さを演出するのが、後ろに背負ったスペアタイヤだろう。背面タイヤとも呼ばれ、その昔はイメージ的にもクロカンには必須の装備だったが、SUVにシフトするにつれて見かけなくなってしまった。

【関連記事】【今さら聞けない】自動車の人気ジャンル「SUV」って何?

背面タイヤ画像はこちら

ほかではメルセデスのGクラスが背面タイヤをまだ採用しているが、こちらも武骨さがウリで、SUVと言うよりもクロカンテイストのほうが強いモデルではある。

背面タイヤ画像はこちら

 ということで、なくなってきた理由のひとつは武骨なクロカンが減って、ソフトなSUVが増えてきたから。つまりデザイン的に合わないというのがある。妄想でしかないが、今のSUVたちに背面タイヤがあったら……。確かに変だ。

背面タイヤ画像はこちら

 逆に武骨さを演出するには背面タイヤを採用するのが効果的で、その昔、インプレッサのスポーツワゴンに背負わせてワイルドさを演出したグラべルエックスなどはいい例だろう。

背面タイヤ画像はこちら

 ほかの理由としては、全体的にスペアタイヤがなくなってきている理由と同じで、軽量化による燃費の向上や、スペアタイヤというのは結局使われず、そのまま廃棄となることからの資源節約といったことがある。

背面タイヤ画像はこちら

ちなみに先代ジムニーでは燃費がかなり悪いことから、背面タイヤを下ろしてしまうユーザーもいたほど。やはりテンパータイヤも含めてタイヤ1本を余分に積んでいるというのは燃費には不利になるのは事実だ。

背面タイヤ画像はこちら

画像ギャラリー