オイル交換をしなかったクルマの末路! オーバーホールでも復活できないことも

オイル交換をしなかったクルマの末路! オーバーホールでも復活できないことも

車両火災を引き起こすこともある

 クルマの性能がよくなって、「オイル交換への意識はかなり低くなっている」と、ディーラー、修理工場、用品販店に取材に行くと耳にすることが多い。以前であれば、オイル交換しないと振動や異音が出たものだが、最近は普通に走れてしまうことが多い。

【関連記事】【ドッチがお得】安いオイルをこまめに換えるor高いオイルを長く使う

オイル交換

 そうなるとまだ大丈夫という気持ちにもなるもので、実際にオイル交換を勧めると「走れるからまだいい」と断られることも多いという。もちろん、それではダメで、指定を守りつつ、しっかりと交換を行なうのは鉄則。油脂類をもし換えなかったらどうなるのかを見てみよう。

オイル交換

 油脂類というのは、潤滑のためと、油圧のためというふたつに大きくわかれる。まずは前者だが、交換しないと、潤滑性能が落ちて磨耗が進む。異音は大きくなるし、燃費も落ちるし、そもそも寿命が大きく縮まる。

 そして後者はブレーキや油圧パワステ(最近は使われなくなったが)などに使用されていて、劣化すると作動できなくなり、ブレーキが利かないとか、ハンドルが重たくなってしまう。

オイル交換

 と、ここまでは通常の劣化程度なのだが、さらに長期間放置するとどうなるか? エンジンやミッション、デフなどの潤滑系は、ドロドロになって、さらにそのままにするとスラッジが大量発生して、あちこちに石みたいなものが堆積しだす。実際にヘッドカバーを外してヘッドを見たことがあるが、西部劇に出てくる荒野の岩山みたいな感じだ。そのすき間を墨のようになったドロドロのオイルがちょろちょろ流れる程度になる。こうなると、完全分解のオーバーホールでも復活は難しいほど。またオイルラインを塞ぐので、行き場のないオイルが吹き出して、排気管にかかって火災を起こしたという例もある。

オイル交換

 一方、油圧系も無交換も含めて、交換サイクルはとても長いが、実際には劣化はどんどん進んでいく。とくに熱のダメージは大きくて、こちらも墨のようになったり、スラッジなどが大量発生。こうなると正しい作動は無理となり、固着や破損などが起こる。ATの油圧部分は泥のようなものがびっちりと溜まるし、ブレーキはサビで固着して分解できても虫食いだらけで使い物にならなくなってしまう。油脂類はユーザーが管理できる部分だけに、定期的に交換してやりたい。

画像ギャラリー