フォルクスワーゲン・ポロが仕様変更! 新たなオプションとインテリアカラーを設定

フォルクスワーゲン・ポロが仕様変更! 新たなオプションとインテリアカラーを設定

最新のメーターやスマホのワイヤレス充電機能が選べる

 フォルクスワーゲン グループ ジャパンは、日本で2018年3月にフルモデルチェンジしたばかりのコンパクトモデル、ポロの一部仕様変更を行った。

 変更点は、インテリアカラーの追加設定と新たなパッケージオプションの設定だ。

【関連記事】【試乗】ボディも室内も拡大の「6代目VWポロ」またも走りは洗練された

VWポロ画像はこちら

 まずはインテリアカラー。今回の仕様変更で、リーフブルーメタリックとエナジェティックオレンジメタリックという2色のボディ外板カラーが有償色となった。VWポロ画像はこちら

 そしてこのボディカラーを選択すると、ダッシュパッドとセンターコンソールがボディと同じカラーになるというもの。ちなみにこのボディカラーが選択できるのはHighlineとComfortlineの2グレードで、エントリーグレードのTrendlineには設定されない。VWポロ画像はこちら

 また、Highlineに関しては、シートファブリックにもボディ同色のラインが入り室内を彩る。VWポロ画像はこちら

 新たに設定されるパッケージオプションに関しては、デジタルメータークラスターとスマートフォンワイヤレスチャージングをセットにした、テクノロジーパッケージだ。VWポロ画像はこちら

 これもHighlineとComfortlineのみで選択できるオプションで、デジタルメータークラスターは、全面液晶のメーターで、大きくナビの地図を表示したり、音楽や車両情報など、表示するコンテンツをカスタマイズできる機能をもつもの。VWポロ画像はこちら

 スマートフォン ワイヤレスチャージングは、Qi(チー)規格に対応しているスマートフォンを、センタークラスター下部のトレイに置くだけで充電できるという装備だ。VWポロ画像はこちら

 ポロは、1996年に日本導入以来、累計25万台以上が輸入・販売されており、6代目となる今回のポロは3月に発売してから8月末までで6700台を超える受注を受けているという。VWポロ画像はこちら

 VWのラインアップのなかでは、女性、そして年配の方のオーナー比率が高いというポロだけに、こうしたオシャレなインテリアカラーの充実、さらに表示を変更して自分の見えやすいメーターを実現できる、今回の仕様変更は嬉しい限りだ。

【価格】※すべて税込

テクノロジーパッケージ:7万200円
有償オプションカラー(リーフブルーメタリック):3万2400円
有償オプションカラー(エナジェティックオレンジメタリック):3万2400円

画像ギャラリー