修理ばかりで乗れない……じゃない! 維持費のかからない気軽に楽しめる旧車5選 (1/2ページ)

修理ばかりで乗れない……じゃない! 維持費のかからない気軽に楽しめる旧車5選

基本的なメンテナンスのみで乗れる旧車もある!

 今のクルマはいいけど、なんだか面白みがない。というのはよく聞くし、だから旧車を選んだという人も多い。この考え方自体は理解できてもいざ旧車を買おうとすると、壊れるのではないか? パーツは手に入るか? など不安は多いし、実際あきらめた人も多いだろう。もちろん買ったはいいが、やたらと壊れたり、不調になったりしては楽しくないし、財布ももたない。そこで今回は、1990年代初頭までのクルマから厳選した、お金のかからないオススメの旧車を紹介しよう!

1)ハコスカ(日産スカイライン)

旧車

 現存台数は多いし、パーツ供給もいいなど、取り巻く環境はかなりいい。GT-Rは別として、GTはエンジンはL型なので、実用車的な作りで丈夫。一度しっかりやってあれば現代車感覚で、普通のメンテで乗ることができる。これは1960年代から1970年代の日産車に当てはまること。ただし、プリンス系G型エンジンは部品も絶望的なので除外ではある。

2)スズキ・カプチーノ

旧車

 アルミパネルを使うなど、サビにも強い(フロア裏は欠陥で必ず腐るが)。エンジンは大量に生産されていたし、そもそも丈夫。海外にもオーナーズクラブが多くのあるからか、じつは今でもパーツの供給は良好で、この点でもお金がかからない。

3)トヨタ・マークII/クレスタ/チェイサー

旧車

  

 70系から100系まで、まずは車体が安い。人気のツアラー系でもそこそこの価格で楽しめる。大量に売れたのと、この時代のトヨタは部品の共有化が進み、他車からの流用も効く。もちろん丈夫なのもトヨタ車ならでは。

画像ギャラリー