MT搭載で自ら操る楽しみを味わえるFIAT 500「マヌアーレ」を100台限定発売

MT搭載で自ら操る楽しみを味わえるFIAT 500「マヌアーレ」を100台限定発売

内外装もスペシャル仕立て!

 FCAジャパンは、コンパクトカー「FIAT 500」の限定車「500Sマヌアーレ」を100台限定で2019年1月12日(土)より発売する。メーカー希望小売価格(税込み)は241万円。

【関連記事】本当にお買い得なのか? 特別仕様車の中身を徹底分析

フィアット500画像はこちら

 マヌアーレはイタリア語で“自ら操る”を意味する。その名の通り、2気筒ターボ「TwinAir」エンジン搭載車に、マニュアルトランスミッションを採用したモデル。自ら操る楽しさを満喫できる、スポーティさをプラスしたモデルとなっている。フィアット500画像はこちら

 エクステリアもスポーティさを際立たせた前後バンパー、そしてサイドスカートやリヤルーフスポイラーを採用。そのほかにもサテングレー仕様の外観パーツやクローム仕立てのエキゾーストパイプフィニッシャー、ダークグレーのアルミホイールが特別感を演出する。フィアット500画像はこちら

 インテリアにはレザーのステアリングホイールや専用シフトノブ、専用デザインのファブリックシートなどを装備。スタイリッシュなデザインに加え、手触りにもこだわった仕上がりだ。フィアット500画像はこちら

画像ギャラリー