隣近所は皆同じ! 石を投げれば当たるほど売れまくったトヨタ車7選 (1/2ページ)

隣近所は皆同じ! 石を投げれば当たるほど売れまくったトヨタ車7選

女子大の前にズラリと並んだクルマも

 ヒットして、街でよく見かけるというクルマは、最近ではプリウスぐらいだろうか。その昔は1日に何台も見る、大ヒット車というのはたくさんあった。今ではクルマ離れの時代で、隣と同じクルマが欲しいなんていうことは思うはないかもしれないが、昔は「お隣さん、あれ買ったみたいだな。うちも買うか」というような感じも珍しくなく、加速度がついて売れまくるという図式だったりした。今回はトヨタに絞って、1980年代あたりに街でよく見かけたクルマを紹介しよう。

1)トヨタ・クラウン

トヨタ車

 クラウンと言えば白。スーパーホワイト、そしてそれに続くスーパーホワイトIIは街を席巻した。1983年登場の7代目は名文句「いつかはクラウン」でもお馴染みで、バブルの盛り上がりとともに売れまくった。とくに取引先の印象を考えると外車に乗れない中小企業の社長に人気だった。同じく、マークIIもスーパーホワイトが売れた。

2)トヨタ・ソアラ

トヨタ車

 ハイソカーブームの先駆けとして大人気に。洗練されたデザインだけでなく、マイコン搭載というメカまわりも衝撃的で、伸びるデジタルタコメーターは驚愕だった。新時代、1980年代の幕開けにふさわしい感じだった。さらに注目は大人だけでなく、大学生も買っていたことで、女子大の前に迎えのソアラがズラリなんていう光景も見られたほど。もちろんもやしを食べながら無理して買った学生も多かった。

3)トヨタ・カローラ

トヨタ車

  

 今でもカローラはあるし、実用車ナンバー1としての地位を確固たるものにしているが、1970年代から1980年代、そして1990年へと常に売れまくった。今で言うところのコンパクトカーはあったものの、軽自動車的な扱いであまり売れず。実用性の高く、故障なども少なくて維持費が安いクルマとしてマイカーとして絶大な人気を誇った。バッジが違うだけのスプリンターともども、街なかでやたらと見たものである。

4)トヨタ・カルディナ

トヨタ車

 スバル・レガシィが出て大ヒット。1990年代前半はワゴンブームに湧いた。それこそ、街中ワゴンだらけだったが、トヨタの代表格はカルディナだった。ただこのクルマにはバンもあり、ワゴンはそのバンベースだったりとレガシィの完成度の高さに対して性能的には劣っていたが、そこはトヨタブランド。勢いで売れ、日産のアベニールともども三つ巴大戦争を繰り広げた。

画像ギャラリー