回転が上がってもトルクが変動しない! 最近フラットトルクのクルマが増えているワケ (1/2ページ)

回転が上がってもトルクが変動しない! 最近フラットトルクのクルマが増えているワケ

「究極のフラットトルク」を示すエンジンが増えている

 乗りやすいクルマの特徴として、エンジンの特性がフラットトルクというのがある。つまりどの回転粋でもしっかりとトルクが出てストレスがないということなのだが、最近のカタログを見るとあることに気がつく。一定のエンジン回転数で最大トルクが維持されるクルマが増えているのだ。

【関連記事】自動車カタログのエンジンスペックはなぜ「PSとkW」「N・mとkgf・m」の2単位を併記するのか?

フラットトルク画像はこちら

 本来エンジンというのは馬力にしてもトルクにしても、回転に比例、もしくは反比例して変化していくもの。今まではフラットトルクといっても、山がなだらかなだけで変化はしていた。

 それが最近増えているのは、山ではなくて直線のもの。最初に立ち上がって、そのまま平らで、最後に下がるといったパターンだ。究極のフラットトルクなのだが、今でもアナログな構造のエンジンで本当にそんなことができるのだろうか?

名前:
近藤暁史
肩書き:
-
現在の愛車:
フィアット500(ヌウォーバ)/フィアット・プント/その他、バイク6台
趣味:
レストア、鉄道模型(9mmナロー)、パンクロック観賞
好きな有名人:
遠藤ミチロウ、岡江久美子

画像ギャラリー


新着情報