拭くだけじゃダメ! 意外と知らない車内の正しい清掃方法とは (1/2ページ)

拭くだけじゃダメ! 意外と知らない車内の正しい清掃方法とは

素材別に攻略するのがコツ

 ボディというのは、定期的にきれいにしているし、大掛かりにやるといっても手順や方法はだいたいわかるハズ。いつもより丁寧にやるという程度だろう。しかし、車内となると、ゴミが散らかったら掃除機をかける程度ではないだろうか。普段はそれでもいいが、大掃除するとなると、少々コツが必要だ。

 大きなポイントは、素材別に攻略するということ。車内では布、樹脂、皮などが使われているし、さらに布もシートのように中身が入っているものと天井のようにベースに布が貼ってあるだけのものなど、いろいろだ。

【関連記事】マメに洗車をしてるのに……なぜか「くたびれ感」の出た愛車に「シャッキリ感」を取り戻す方法7つ

室内清掃画像はこちら

 まず樹脂からだが、問題はシボが入っている部分。シボとはしわのことで、ここに汚れが入ると非常に取りづらい。きれいにする方法としては、表面をタオルなどで撫でるのではなく、柔らかいブラシを使い、縦横斜めに動かして汚れをかき出すようにきれいにしていくのがコツだ。使うのはマルチクリーナーでもいいが、一般的な固形せっけんでも十分だ。またメーターカバーのように繊細なところは、眼鏡拭きを使うといいだろう。

室内清掃画像はこちら

 そして布部分はというと、シートなどの中身が入っているものは水をかけて拭くとさらに汚れは内部に入っていってしまうので、シートクリーナーや水をかけたら、トントンと叩くように拭いてやるといい。つまり染み抜きと同じだ。

室内清掃画像はこちら

名前:
近藤暁史
肩書き:
-
現在の愛車:
フィアット500(ヌウォーバ)/フィアット・プント/その他、バイク6台
趣味:
レストア、鉄道模型(9mmナロー)、パンクロック観賞
好きな有名人:
遠藤ミチロウ、岡江久美子

画像ギャラリー


新着情報