新車時に注目しなくてゴメン! 今噛み締めるとよさが伝わるスルメのような絶版国産車5選 (1/2ページ)

新車時に注目しなくてゴメン! 今噛み締めるとよさが伝わるスルメのような絶版国産車5選

今や絶大な人気の名車も当時はフツーのクルマだった

 新車のときはフツーというか興味もなかったし、実際、販売も今ひとつだったけど、中古車になると意外にいいんじゃない? と再評価されるクルマはある。まぁ、クルマ以外もあるし、友達や異性でも別れてから、よかったよなぁ、なんて噛み締めるのと同じだ。中古車になってじわじわと味わいが染み出てきたクルマを紹介しよう。

1)日産スカイラインGT-R(R33)

 R32の衝撃のあとに出たのが、もちろんR33のGT-Rだ。内容的には踏襲していて大きく変わるところはなかったものの、問題はボディとそのデザインだった。要は大きくボッテリとしていて、R32のイメージとは真逆。クルマ好きみんながっくりしたし、販売も芳しくなかった。

【関連記事】3列シート+スライドドアでもダメ! 人気ジャンルなのに売れないミニバン5選とその理由

名車画像はこちら

 それが今乗ってみると、鈍重な感じだったのが、どっしり感に変わって、なんとも大人な味わいたっぷり。もちろんポテンシャルは高くて、大人のGT-Rという言葉がピッタリだ。名車画像はこちら

2)マツダRX-8

 RX-7の後継車かと思いきや、どうもそうではないようだし、乗ると違う感じ。ターボもなく、中途半端感満載で不人気に。R33と同じだが、この中途半端感が逆にじわじわくるところ。RX-7のようにクルマのほうから要求が少ないというか、ゆったりと余裕をもって楽しめるのが今となってはいい感じ。名車画像はこちら

3)トヨタ・カローラレビン/スプリンタートレノ(AE86)

 これぞ史上最高のスルメグルマだろう。新車当時はカローラのスポーツモデルぐらいの感じだし、性能だって普通。リヤサスはリジッド式で左右独立していないタイプ。不人気車とまではいかなかったけど、下級のAE85は普通に実用ハッチとして使っている人も多かったし、ハチロクにしても先輩から数万円で譲ってもらうようなクルマだったのが、ご存じのように今では大人気に。名車画像はこちら

名前:
近藤暁史
肩書き:
-
現在の愛車:
フィアット500(ヌウォーバ)/フィアット・プント/その他、バイク6台
趣味:
レストア、鉄道模型(9mmナロー)、パンクロック観賞
好きな有名人:
遠藤ミチロウ、岡江久美子

画像ギャラリー


新着情報