安易に手を出すと後悔も! 並行輸入車が正規ディーラー入庫NGのワケ (1/2ページ)

安易に手を出すと後悔も! 並行輸入車が正規ディーラー入庫NGのワケ

並行輸入車にはディーラーの故障診断機が使えない

 並行輸入車は、価格が安い、あるいは車種やグレード、ボディカラーや内装カラー、オプションなどが豊富に選べるなといったメリットがあるが、その反面、正規ディーラーで修理、点検、メンテナンスなどの面倒を見てもらえないというデメリットがある。

 同じメーカーで作られた同じ車種でも、並行輸入車は、正規ディーラーでアフターサービスを受けられないのはなぜなのか?

並行輸入

 それは簡単にいえば、並行輸入車と日本仕様では細かいところが違うから。いまのクルマの点検整備に不可欠なのは、コンピュータの故障診断機(テスター)。並行輸入車と正規ディーラーで販売される日本仕様車では、細かいデータに違いがあったり、テスターに表示される単位や文字が違うということがあり、これが違うともうお手上げという部分がある。つまり、電気系はほぼ触れないと思っていい。

 もっとベーシックな部分でも、どこに日本仕様と違いがあるのかまでは分からないので、整備保障などの兼ね合いもあり、正規ディーラーでは並行輸入車のメンテナンスは断っているというのが現状だ。

画像ギャラリー