見た目は実用車なのにエンジンは超強烈! リアル羊の皮を被った狼な国産車5選 (1/2ページ)

見た目は実用車なのにエンジンは超強烈! リアル羊の皮を被った狼な国産車5選

第二世代GT-Rが積んだ最強の名機をぶち込んだワゴンも

 羊の皮を被った狼という言葉があるが、実例で見ていくといろいろなパターンがある。そのなかのひとつが、スポーツモデルのエンジンを実用車にも積んだというのがあるだろう。今回はそんな中身が狼の、羊グルマを5台紹介しよう。

1)日産ステージア260RS

 ステージアはそもそもがスカイラインワゴン的な立ち位置で登場したクルマで、当然エンジンはRB型の直6を搭載していた。2.5リッターのシングルターボだったのだが、1997年にオーテックからリリースされた260RSはそのグレード名からもわかるように、GT-Rと同じ2.6リッターのツインターボを搭載したもので、GT-Rワゴンの名にふさわしい走りを披露した。

【関連記事】気がつけば日本車も衝撃的なパワフルさに! 国産ハイパワー車ランキングTOP5

エンジンの凄いクルマ画像はこちら

2)三菱エアトレック ターボR

 ランエボに搭載されていたのが4G63型。広く使われていたエンジンだが、ランエボまんまで搭載されたのが、SUVのエアトレック、2002年に登場したターボRだ。もちろん4WDであるが、パワー自体はデチューンされている。

エンジンの凄いクルマ画像はこちら

 また三菱では、1.8リッターターボを積んだ、ランエボ顔のリベロGTもあった。

名前:
近藤暁史
肩書き:
-
現在の愛車:
フィアット500(ヌウォーバ)/フィアット・プント/その他、バイク6台
趣味:
レストア、鉄道模型(9mmナロー)、パンクロック観賞
好きな有名人:
遠藤ミチロウ、岡江久美子

画像ギャラリー


新着情報