隣のクルマと何かが違う! 自分のクルマが古びた印象に見える原因7つ (1/2ページ)

隣のクルマと何かが違う! 自分のクルマが古びた印象に見える原因7つ

黒い箇所の汚れはくすんだ印象に

 大切な愛車。せっかく洗車して、ワックスをかけてもなんだかシャッキリせず、薄ぼんやりした感じがすることはないだろうか? 大切にしてあげているのに、なんだか報われないというか、モヤモヤした感じが残る。でもこれ、ちゃんと理由というか原因があるのだ。

原因その1)黒いところが黒くない

 魂はディテールに宿るではないけど、細かいところが引き締まっていないのが原因。とくに黒いところはしっかりと黒くが大切で、タイヤ、モールなどは重点的に洗車を行うと良い。

【関連記事】マメに洗車をしてるのに……なぜか「くたびれ感」の出た愛車に「シャッキリ感」を取り戻す方法7つ

洗車

原因その2)ホイールハウスが汚い

 ホイールハウスはタイヤから跳ね上がった汚れがダイレクトに当たって溜まるため、汚れやすい。この汚れがすき間から見えるだけでも全体のイメージをダウンさせるのだ。問題はホイールハウスは作業がしにくいということ。ホイールを外すのは手間だが、汚れも落ちるタイヤワックスをスプレーすれば、手を触れることなくクリーニング完了。とても楽チンだ。

洗車

原因その3)ガラスが汚い

 光りモノというとメッキ(こちらもきれいにしておこう)だが、ガラスも含まれる。すべてのガラスをきれいにしてツルツルにツヤを出してやろう。

洗車

名前:
近藤暁史
肩書き:
-
現在の愛車:
フィアット500(ヌウォーバ)/フィアット・プント/その他、バイク6台
趣味:
レストア、鉄道模型(9mmナロー)、パンクロック観賞
好きな有名人:
遠藤ミチロウ、岡江久美子

画像ギャラリー


新着情報