1本パンクしたら4本新品に! 最近増えているタイヤの「パンク補償」とは (1/2ページ)

1本パンクしたら4本新品に! 最近増えているタイヤの「パンク補償」とは

タイヤ1本のパンクで4本とも新品に交換してもらえる

 近頃、大手カー用品店などが導入している、タイヤ1本のパンクで4本とも新品交換してもらえる「タイヤパンク保障」というサービスがある。保証額の上限にもよるが、新品タイヤ4本以上を購入し、取り付けするときにおよそ3000円~9000円の加入料を払うと、購入日から2~3年の間にパンクした場合、上記のサービスが受けられるという保証だ。

 たとえば、オートバックスの場合、「あんしんタイヤ補償」という名称で、保証期間は30カ月。ただし、4本のタイヤのうち、1本でも残溝が2mm(スタッドレスは4mm)以下になった時点で補償終了になる。加入料は、新品タイヤ4本+取付工賃の金額が40,001円~60,000円のケースで、4,860円(補償上限60000円)。

 イエローハットの「タイヤパンク保障」だと、保証期間は購入から2年または25000kmまで。加入料は、新品タイヤ4本+取付工賃の金額が40,001円~70,000円のケースで、5,400円。

パンク保障

 ジェームスの「パンク3年保証」だと、保証期間は3年で、走行距離は無制限だがタイヤ1本でも溝の深さが夏タイヤは1.6mm以下、スタッドレスタイヤは4.0mm以下またはプラットフォーム露出で保証期間が終了となる。加入料は、新品タイヤ4本+取付工賃の金額が40,001円~60,000円の場合、5724円(パンク時のロードサービス付)。

 いずれも、ユーザーの故意もしくは重大な過失によるパンクは保証対象外となる。また、保証は期間内に1回限りというルール。

画像ギャラリー