人生一度は乗っておけ! 今は消えた「軽自動車用4気筒エンジン」の名機と搭載車3選 (1/2ページ)

人生一度は乗っておけ! 今は消えた「軽自動車用4気筒エンジン」の名機と搭載車3選

現行モデルは皆3気筒になり4気筒は中古でしか乗れない!

 いまや小排気量エンジンの主流となっている3気筒エンジン。1気筒あたりの排気量のバランスが良いことで採用されているわけだが、やはり多気筒エンジンの振動の少なさや滑らかなフィーリングも捨てがたいところがある。

 残念ながら現行軽自動車では4気筒エンジンを搭載したモデルは消滅してしまったが、過去に存在した4気筒エンジンを搭載したモデルを振り返ってみよう。

1)スバル(EN07エンジン)

 長らくスバル自社製の心臓部として活躍したEN07型エンジン。1990年の軽自動車規格が改正され、排気量が660ccになったタイミングでレックスに搭載されたこのエンジンは、スーパーチャージャーと組み合わされたりDOHC化されたりと幅広いバリエーションを持っている。

【関連記事】えっ、軽かよ……とならない女子ウケ抜群のデートで使える軽自動車5選

4気筒の軽自動車画像はこちら

 搭載車種はレックスを筆頭にサンバー、ヴィヴィオ、プレオ、R1R2、ステラとスバル製軽自動車すべてをカバーしていたが、中でも最強のスペックを誇ったのが、ヴィヴィオRX-RE型以降に搭載された64馬力/10.8kgf-mを発生するDOHCスーパーチャージャーモデルだった。

4気筒の軽自動車画像はこちら

画像ギャラリー


新着情報