【試乗】アルファロメオ・ジュリア&ステルヴィオにスポーツディーゼルは走りも良くて燃費も良し! (2/2ページ)

大柄なSUVこそディーゼルの真骨頂!

 アルファ初のSUV、ステルビオにも待望のスポーツディーゼルが搭載された。何故待望なのかは言うまでもなく、大柄でジュリアより約200kg重い車重と、Q4=電子制御4WDの駆動力に対応するにはスポーツディーゼルのエンジン特性が強くモノを言うからだ。アルファロメオ

 ステルビオ2.2ターボディーゼルQ4は、ジュリア2.2ターボディーゼル・スーパーよりパワーで20馬力高い210馬力、トルクは2.0kgm太い47.9kgmが8速ATとの組み合わせで効く。アルファロメオ

 高出力のせい、ではないと思うが、ディーゼルらしい鼓動とサウンドはセダンよりも室内に入る。ただし高周波が抑え込まれたソレはもちろん気になるレベルではなく、むしろアイドリングからの力強い回転立ち上がりがSUVにマッチしている。

 ステルビオは乗員の着座位置の高さから、視界の広さと見下ろす感覚が何よりも爽快だ。しかも背の高いSUVは前後左右のクルマの動き、とくにコーナーでのロールによる頭部の横方向の動きに不安を覚えるものだが、ステルビオは動かさない!! つまりロールするポイント高く取ったうえで、バネ/ダンパーで抑え込むのだが、通常それはただ硬く設定して、乗り味を損なうことが多い。アルファロメオ

 アルファのエンジニアは、左右のロールも前後方向のピッチングも、ジワリと動くように抑え込んでいて、背の高さは、視界の広がりによる爽快感だけで不安定感は皆無。言えば、ジュリアの操縦感覚のまま着座位置のみ高くなったようである。

 4WDであるメリットは路面のグリップ変化に寛容でありながら、FRのジュリアと同等のコーナリング速度を可能にするハンドリングと、それをサポートする電子デバイス各種が、タイトコーナーでもアンダーステアを感じさせない。そこにスポーツディーゼルならではの特性、低回転からの高いターボトルクが活きる。アルファロメオ

 ジュリアもステルビオも、スポーツディーゼルの恩恵は、アクセルを踏み込む量が少ない低回転でも必要十分な加速力が得られることで、エンジンサウンドの静粛性も含めてストレスを感じない。

 もちろん最大のメリットはクリーンな排出ガスによる環境性の高さと、ジュリアで17.2km/L、ステルビオは16.0km/LのWLTCモードによる燃費性能の高さにある。個人的に日常のアシはディーゼルかハイブリッドだと思うが、もちろんスポーティな走行を好む立場で言うと、スポーツディーゼルは最高のパワーユニットである。アルファロメオ

画像ギャラリー