付いてることを知らないオーナーも多数! 上がると大変なハイブリッド車の「補機バッテリー」 (1/2ページ)

付いてることを知らないオーナーも多数! 上がると大変なハイブリッド車の「補機バッテリー」

補機バッテリーが上がってしまうとクルマは動かせない

 ハイブリッド車にも一般的なバッテリー、つまり補機バッテリーが積まれていると聞くと驚く方もいる。なかにはユーザーでも知らない方も。モーターを駆動するバッテリーはあることは当たり前でも、すべてそれでこと足りると思ってしまうようだ。

 そもそも補機バッテリーが装着されている場所は、エンジンルームでも下方だったり、トランク内などにあることも多く、わかりにくいというのもなおさら意識がいかない理由だろう。

【関連記事】最悪エンジンブローで大損害も! 意外と知られていないクルマの消耗品と交換時期(後編)

バッテリー画像はこちら

 また積まれているのを知っている方でも、メンテをつい忘れがちで、気がついたら寿命だったということも、最近は増えているという。

 一般的な鉛バッテリーがダメになっても、ハイブリッド車用の大きなバッテリーがあるから問題ないのでは? と思うかもしれない。実際に補機バッテリーはウインドウの上げ下げやオーディオなどを動かしているが、加えてハイブリッドシステムも起動させている。だから、これがダメだと動かすこと自体無理なのだ。

名前:
近藤暁史
肩書き:
-
現在の愛車:
フィアット500(ヌウォーバ)/フィアット・プント/その他、バイク6台
趣味:
レストア、鉄道模型(9mmナロー)、パンクロック観賞
好きな有名人:
遠藤ミチロウ、岡江久美子

画像ギャラリー


新着情報