BMWの高性能モデル「M8」にオープンエアで走りを堪能できるカブリオレが追加

BMWの高性能モデル「M8」にオープンエアで走りを堪能できるカブリオレが追加

高性能と美しさを兼ね備えたフラッグシップモデル

 ビー・エム・ダブリューは、モータースポーツやハイパフォーマンスモデルの開発を担うBMW M社のフラッグシップモデル「M8」に追加された、オープンモデルのM8 カブリオレを7月24日より販売開始した。メーカー希望小売価格(10%税込み)は、ベースモデルが2338万円、より高性能なコンペティションが2541万円となっている。なお、納車は12月以降より順次開始される。M8

 BMW M8カブリオレは、本格的なサーキット走行も可能としながら、オープンエアで優雅なドライブを楽しむことができる。ルーフは高品質ファブリックを用いたソフトトップを採用。閉じているときもオープン状態でも、流麗なボディラインを損なわない優雅な雰囲気を醸し出す。このソフトトップは、50km/h以下ならば走行中でも15秒で開閉することが可能だ。また、ルーフを開けた状態でも350Lのラゲッジルーム容量を確保している。M8

 もちろん、クーペボディのBMW M8と同等の装備を備えている。ダブルバーキドニーグリルや、ボディサイドのエアブリーザーに配置されたMギルなど、BMW Mモデルの象徴的アイテムを装備する。M8

 パワートレインも、クーペと同様に4.4L V8ツインターボを搭載ベースモデルで600馬力(441kW)/6000rpm、750N・m/1800-5600rpmを発揮。コンペティションモデルは、625馬力(460kW)/6000rpm、750N・m/1800-5600rpmとなっている。

 M8カブリオレには、最新BMW Mモデルの特徴でもあるM MODEを搭載している。センターコンソールに配置されたM MODEボタンを押すことで、メーターパネルやヘッドアップディスプレイの表示変更や、運転支援システムの介入レベルをROAD/SPORTのいずれかのモードに変更することが可能になる。

 また、ブレーキペダルの操作フィーリングをCOMFORTとSPORTの2モードから選べるBMW M専用インテグレーテッドブレーキシステムや、4WDと2WDをモード選択で切り替えられるインテリジェント4輪駆動システム「BMW M xDrive」を採用している。

 より高性能モデルとなるコンペティションは、エンジンパフォーマンスの向上のほかにも変更点が存在する。コンペティションモデル専用のエンジンマウントを採用し、硬度を高めているのでよりダイレクトな動力伝達を可能となった。また、車両特性を変更できるM MODEは、運転支援システムなどをオフにできるTRACKモードをプラスされている。M8

 デザインはハイグロスブラックのキドニーグリルとモデルバッチ、ドアミラーやリヤスポイラーが装着され、よりアグレッシブな雰囲気に。まさに、フラッグシップモデルに相応しい仕上がりとなっている。M8

画像ギャラリー