現役医師の回答は? クルマの運転時にかけるサングラス選びで注意すべきこととは (1/2ページ)

現役医師の回答は? クルマの運転時にかけるサングラス選びで注意すべきこととは

偏光度95%以上のサングラスがオススメ!

 日差しの強い夏場から、西日がまぶしい秋(太陽高度の関係で、秋冬は眩しいと感じる時間帯が夏よりも約1.5倍も長い)のドライブには、サングラスが欠かせない。しかし、安易なサングラス選びは、目が疲れたり、人やモノが見えづらくなって、ほとんどデメリットしかないことも……。

 そこで、クルマと釣りをこよなく愛し、サングラス選びには一家言ある知人の医師に、ドライビング用サングラス選びのポイントを聞いてみた。

「サングラス選びで大事なのは、紫外線透過率と偏光度です。レンズの色の濃さと紫外線をどれだけかとするかは、別問題で、運転用に使うなら紫外線透過率が1%以下で、なおかつ有害な紫外線UV400を99.9%以上カットしているものを選びましょう。もうひとつ、フロントガラスの映り込みやダッシュボードのテカリ、路面の照り返しなどをカットする偏光レンズにすると、目の疲れが圧倒的に軽減されます。偏光度は高ければ高いほど歪みが少なく、雑光をカットしてくれるので、95%以上のものがオススメです。偏光度の低いレンズは目が疲れるので避けましょう」。

サングラス

「ただ偏光度は、暗い色のレンズほど高く、明るいレンズほど低くなる傾向があります。でも、運転をするときは明るいレンズのほうが見やすいはず」。

画像ギャラリー